私の撮った竹富島 Vol.2~まちなみ編~

第2弾となる「私の撮った竹富島」を募集します。今回はまちなみ編。春、別れそして出会いの季節。桟橋通りにはデイゴの花が咲き始めました。島の人達が大切にしている風景の一つに「まちなみ」があげられます。沖縄の原風景ともいわれるこの景色は竹富島の人達が一日一日大切に築いてきたものです。島を訪れた皆さんの目に、このまちなみがどう映っているのか。また、卒業して島を離れる子供達にどんな風景を覚えていてほしいのか。皆さんの写真を楽しみにお待ちしています。…

サイトリニューアルのお知らせ

ウェブサイトをリニューアルしました。タ…

第26回島立て学校 ありがとうございました 

4/26(土)の20時より狩俣恵一さん(NPOたきどぅん研究員) を迎え島立て学校を開催しました。 大変たくさんのご参加でありがとうございました。 今回はテードゥンムニの中でも島の方にとっても馴染みのある 感嘆詞に焦点を当て、ざっくばらんなゆんたく形式を目指しました。 しかし蓋を開けますと、島のご意見番である諸先輩がたが 時間厳守でビシーッと勢揃い。 企画の中では、若い方やIターン者向けを狙ったテーマでしたので 諸先輩方が続々とおいでになる姿に、内心ハラハラ。 そこは、狩俣恵一さんのお力で約1時間の島立て学校は無事なごやかに 終了いたしました。 一部ご紹介いたします。 以下のお声をいただきました。 一部ご紹介♪ ・久々に恵一さんの話聞けてよかった。 ・1時間あっと言う間でした。 ・集落で言葉が違うのを始めてしった。 ・親御さんはテードゥンムニに対してプレッシャーが少しはなくなったのでは。 ほんとにありがとうございました。 スタッフからも反省は多々あります。 もっと皆様からの言葉を引き出したかったという思いがあります。 ぜひ次の機会に改善していきたいと思います。 最後に、狩俣恵一さんへ感謝申し上げます。 皆様ありがとうございました。 狩俣恵一さんよりのメッセージです。 方言は日常で使っていかなければ消えます。 そのため今の生活のなかで完璧なテードゥンムニでの会話は無理です。 でも、竹富島でしか守れないものでもあります。 竹富島には伝統文化が健在です。 完璧なテードゥンムニは伝統文化のなかで継承できます。 それを目指しましょう。 そして、日常の会話の中では使いやすいテードゥンムニを使っていけば よいのではないでしょうか。 …

島立て学校開校します!

4月26日(土)20時より竹富島まちなみ館にて 島立て学校「身近なテードゥンムニ 感嘆詞篇」を開催します。 真面目に愉快にテードゥンムニを楽しんでみましょう。 参加無料です。 島の方、たまたま遊びにいらしていた方。 どなたでも、お出で下さい。 お待ちしております。…

駐輪場の清掃

4月も下旬に差し掛かる昨日夕刻に、 NPO職員、レンタサイクル事業者による 集落内の駐輪場の清掃を実施しました! ゴールデンウイークには大勢の来島者が訪れる竹富島。 レンタサイクルを利用される皆さまや休憩小屋をご利用いただく 皆さまに快適に過ごしていただこうと実施いたしました。 掃除の協力依頼に快く馳せ参じてくれた、 丸八レンタサイクル、友利レンタサイクル、レンタサイクル竹富、 嶺本レンタサイクル、レンタサイクルぽち、 新田観光、㈲竹富観光センターのスタッフの皆さま どうもありがとうございました。 (ta) …

第186回 民具づくり教室開催

(土)民具づくり教室を開催しました。 外国の方も興味深々な様子。 本日も引き続き、アンツクとマディンナーを作っています。 前回、お話したようにマディンナーは立ち上げのタイミングが重要です。 メンバーのお一人は立ち上げてのですが、理想の形に向いていかず もう一度外しなおしをして理想の形に向かって一直線! どんどん形になっていきます。 民具づくりは手を動かしているように見えますが、体全体で行います。 材料の準備などをする場合でも翌日体が悲鳴を挙げることも。 「くーじ(マディンナーの材)もサァ~と割ける方法があればいいのに」 「縄綯いも体の半分がいたいよね~」 と笑顔で苦痛の会話が飛び交います。 そこを楽しむことができれば、民具のレジェンドの道が開ける!? 引き続きガンバッテ!…

平成26年度竹富公民館祭事・行事表

昨晩の集落ごと(東・西・仲筋)の月例会にて発表された 「平成26年度竹富公民館年間祭事・行事表」を ブログをご覧のみなさまにお知らせいたします。 今年度の種子取祭は11月9日から17日まで。 大勢の方が心待ちにする 奉納芸能の2日間は15・16日(土・日)となっております。 祭事行事が集中する8月~9月。 今年の結願祭は8月29・30日。 その翌日(9月1日)に世迎いを迎えます。 …

第185回民具づくり教室開催

4/12(土)の民具づくり教室は 前回に引き続きマディンナー(カゴ)制作に勤しんでいます。 何事においてもまずは、準備。 まだまだ準備段階の方も。 すでに編み始めている方も。 「あれ?色を変えたの?」 「いや、クージを準備した時期が違うの」 植物は生きています。そのときどきの状況によってコンデションが違うため色も違う。 準備を一気に行うと、大きさも状態も似たようにはなるのですが。 それもご愛嬌。 手も足も頭も力も使い全身で編んでいきます。 これから先は更にどこから立ち上げるかが問題。 作り手の“気の持ち用”でマディンナーの形が出来上がっていくのです。…

第184回竹富島民具づくり教室

4月に入り、新しい年度を迎えました。 今年度も引き続き竹富島民具づくり教室を開講いたします。 184回目の教室では新たなメンバーも加わり、 クージ(トウヅルモドキ)を使ってマディンナー(カゴ)を製作します。 ゆがふ館に展示されているマディンナー。(右手) ちなみに、左手の大きなカゴはマディルといいます。 参加者で藪のなかを分け入りクージを収穫後、 1本を1m20㎝の長さに切り落し、4つに裂いて中の繊維を取り出します。 切り落したクージは概ね12本程度ですが、 編込み用のクージは柔らかくて長いのが一番! メンバーに改めて採りに行ってもらうことになります。 (ta) …

ほほえみの会

今日は、竹富島「ほほえみの会」の方々がゆがふ館にいらっしゃいました。 館内に展示している、前原基男さんが撮影した古き良き沖縄の写真や、 自分たちが青年だったころの種子取祭の映像を鑑賞し、 ゆがふ館を楽しまれました。 ↑みんなで輪になり、前庭でお弁当Time…