私の撮った竹富島 Vol.2~まちなみ編~

第2弾となる「私の撮った竹富島」を募集します。今回はまちなみ編。春、別れそして出会いの季節。桟橋通りにはデイゴの花が咲き始めました。島の人達が大切にしている風景の一つに「まちなみ」があげられます。沖縄の原風景ともいわれるこの景色は竹富島の人達が一日一日大切に築いてきたものです。島を訪れた皆さんの目に、このまちなみがどう映っているのか。また、卒業して島を離れる子供達にどんな風景を覚えていてほしいのか。皆さんの写真を楽しみにお待ちしています。…

第169回竹富島民具づくり教室

先週(5日)は台風23号のためお休み、 今週も台風26号の動きが懸念されましたが、 程よい風が吹く絶好の観光日和となった竹富島。 本日は無事に169回目の教室を開講いたしました。 前回はサンビキの製作と月桃の収穫といつもとは異なった活動でしたが、 今回は通常通りの開講で、タコノキの小物入れづくりの続き。 まだ最終工程までは至りませんが、 参加者は順調にタコノキを編みこんでいます。 あと2回の講座でヤミカゴや小物入れが完成しそうです。 (ta)…

月刊やいま10月号特集『古井戸の記憶』

日本最南端の出版社、南山舎が発行する 月刊誌「月刊やいま」の10月号(10月1日発行)の特集に、 元NPOたきどぅん職員で 現在竹富町教育委員会総務町史編集係の飯田泰彦氏が寄稿した 『古井戸の記憶』が18頁にわたって掲載されています。 八重山の島々の古井戸と井戸にまつわる信仰や伝承、 生活習慣から派生した歌謡や芸能について紹介しています。 竹富島の井戸は多数ピックアップして紹介されており、 表紙を飾るミーナカーを祈願する久間原御嶽神司の後姿や、 ナージカー、ハナックンガー、ハナッキャヌカー、ホーリャヌカー、 タイショーカー、ミッチンガー、キニンカー(ガイセンカー)、 フーフチカー、ハマンガーの井戸や、 カマドマがナージカーで九年母玉を外して水遊びをしまったことに よって悲劇が生まれた「元タラクジ」の話など、 NPOたきどぅんで活動した経験を生かした 飯田泰彦氏ならではの説得力のある内容が盛りだくさんです。 奇しくも竹富島は9月30日、旧暦干支の“つちのとゐ”にあたり 節祭(シチマツリ)が執り行われました。 シチは大地を清め井戸に感謝する祭であり、 西表島干立・祖納集落の節祭は国の重要無形民俗文化財に指定されています。 タイムリーな特集を組んだ南山舎と、 飯田泰彦氏の読者を引き込む文章の巧さ。 ブログをご覧のみなさま、是非ともご一読をお奨めします。 (ta) …

竹富町・斜里町 姉妹都市盟約40周年記念

今年度は、竹富町と斜里町は姉妹都市盟約40…