私の撮った竹富島 Vol.2~まちなみ編~

第2弾となる「私の撮った竹富島」を募集します。今回はまちなみ編。春、別れそして出会いの季節。桟橋通りにはデイゴの花が咲き始めました。島の人達が大切にしている風景の一つに「まちなみ」があげられます。沖縄の原風景ともいわれるこの景色は竹富島の人達が一日一日大切に築いてきたものです。島を訪れた皆さんの目に、このまちなみがどう映っているのか。また、卒業して島を離れる子供達にどんな風景を覚えていてほしいのか。皆さんの写真を楽しみにお待ちしています。…

サイトリニューアルのお知らせ

ウェブサイトをリニューアルしました。タ…

第208回竹富島民具づくり教室

いよいよ平成26年も残りわずか。 23日はナーキ祝いで開講できなかったため、 年内あと1回は開講せねば・・・と講師の松竹昇助さんと相談し、 急遽、208回目の教室を本日開講しました。                   写真は松竹昇助さん製作の小皿。今プログラムで3つ目を製作中です。 教室開講中の傍ら、NPOスタッフがクージのバタを取り、何かを製作中です。           民具づくり日和な師走の一日でした。 今年の開講はこれで終了。 来年は1月6日(火)の開講で、 引き続きカヤとクージの小皿の製作です。 (ta)…

大塚勝久、竹富島を撮る

NPOたきどぅん正会員で沖縄の風景写真の第一人者のひとり、 大塚勝久さんのホームページでは、今年度の種子取祭で撮影した 数々の写真が紹介されています。 http://shokyu-otsuka.com/blog.html 長年竹富島を撮り続け、2冊の写真集も発刊している大塚勝久さん。 大塚勝久さんのHP、ぜひ皆さんも覗いてみてください!           (ta)…

第206回竹富島民具づくり教室

今日の竹富島はどんよりとした雲が覆うあいにくの天気。 師走の冷たい風が吹く一日となりそうですが、 民具づくり教室は今日も開講しています。 今日から新プログラム。 クージとカヤを使った小皿の制作です。             材料取りからスタートの予定でしたが、 天候不良のため延期とし、 講師の松竹昇助さんが提供してくれたクージ(トウヅルモドキ) の“ワタ”をナイフで取り除いていきます。                     カヤ小皿の制作の楽しみのひとつに、 自分で大きさを決められることが挙げられます。 家のコマゴマとした道具類を整理するには必須のアイテム。 料理好きは調味料や計量器やスプーン。 絵や書を愉しむ人には絵具やペンなど。 工作好きな方は電池やペンチや針金など。 民具づくりが好きな方は、もちろん錐やフドセー、ナイフを入れることでしょう。 (ta)…