JICA研修員との交流会

 9月に入り、竹富島もテードゥンムニ大会
(PTA主催)、世迎い、結願祭などの祭事行事
を控え、慌ただしさを増してきました。
こうしたなか、竹富島を訪れるJICA
(独立行政法人国際協力機構)
の研修員とNPO職員をはじめとする
島民との交流会が、旧与那国家住宅で開催されました。

 取りまとめは、研修員を受け入れる
NPO法人おきなわ環境クラブのメンバーです。
 今回の研修員のお国はミクロネシアの島々のかたがた。
 1 マーシャル諸島共和国
 2 ミクロネシア連邦
 3 パラオ共和国
 の計5名のメンバーです。
 竹富島と同様な観光資源を有し(サンゴ礁や伝統文化など)
今後、どのようにこれらの資源を生かし、活用していくかが
研修員の課題でもあります。
 竹富島の参加者も、今後、国を支えていく研修員を通じて、
異なった観点から観光業をとらえていくべきだと感じていました。

(ta)

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です