私の撮った竹富島 Vol.2~まちなみ編~

第2弾となる「私の撮った竹富島」を募集します。今回はまちなみ編。春、別れそして出会いの季節。桟橋通りにはデイゴの花が咲き始めました。島の人達が大切にしている風景の一つに「まちなみ」があげられます。沖縄の原風景ともいわれるこの景色は竹富島の人達が一日一日大切に築いてきたものです。島を訪れた皆さんの目に、このまちなみがどう映っているのか。また、卒業して島を離れる子供達にどんな風景を覚えていてほしいのか。皆さんの写真を楽しみにお待ちしています。 …

今日のテードゥンムニ

かりゆし館の情報ボードに、「今日のテー…

豊年祭

竹富島の豊年祭が8/4~5、二日間にわたって…

十五夜祭

旧暦の8月15日の9月8日は中秋の名月。 暦の…

世迎い(ユーンカイ)

旧暦の8月8日(新暦9月1日) 竹富島では、ニ…

結願祭

一年の願いを解き、感謝のまつり結願祭。 旧暦8月第一“みずのえ”“みずのと”の日を願日と定めて執り行われるます。 8月29日・30日の二日間にわたって行われました。 8月29日は神司による清明御嶽・幸本御嶽・西塘御嶽の夜籠りから始まります。 翌朝、8月30日 神司・執行部・有志による参拝は、 早朝(6時ごろ)彌勒奉安殿からはじまり、全部で23の供物を用意します。 ~ 8月30日の参拝 ~ 01 彌勒奉安殿 (1供物・與那國屋当主・大山屋当主・執行部・有志 供物をいただく) 02 玻座間御嶽 (1供物・供物は下げ、幸本御嶽でいただく) 03 世持御嶽  (2供物・供物は下げ、幸本御嶽でいただく) 04 仲筋御嶽  (1供物・供物は下げ、幸本御嶽でいただく) 05 幸本御嶽  (2供物・供物をいただく) 06 国仲御嶽  (1供物・供物は下げ、清明御嶽でいただく) 08 久間原御嶽 (1供物・供物は下げ、清明御嶽でいただく) 09 花城御嶽  (1供物・供物は下げ、清明御嶽でいただく) 10 波利若御嶽 (1供物・供物は下げ、清明御嶽でいただく) 11 西塘御嶽  (2供物・供物をいただく) 12 清明御嶽  (2供物・供物をいただく 有志の参拝終了) 13 美崎御嶽  (1供物・玻座間御嶽・波利若御嶽神司) 14 親泊御嶽  (1供物・玻座間御嶽・波利若御嶽神司) 15 ニーラン  (2供物・仲筋御嶽・幸本御嶽神司) 16 東美崎御嶽 (1供物・久間原御嶽・花城御嶽神司) 17 西美崎御嶽 (1供物・生盛屋当主) 18 真知御嶽  (1供物・久間原御嶽・花城御嶽神司) 19 根原屋   (1供物・神司・執行部) …

インヌシュ(竜宮祭)

2月20日は「みづのえいぬ」 年に二回、この日を選んで海の神様へ感謝を捧げるインヌシュが各家庭で行われます。 島でも海にむかい感謝と航海の安全祈願がされました。 海の神様は大きいのでしょう、たくさんの供物が捧げられます。 米、酒、茶、アライハナ(洗ったお米)、生餅、タマゴ、なぜか鉄、ヌヌブダーラなどなど (ヌヌブダーラとはコチラ⇒http://www.taketomijima.jp/blog/archives/000978.html) 海と生活が密着している島の暮らしのひとコマです。 …

十六日祭

旧の1月16日(新暦2月15日)は十六日祭です。…

十五夜祭(ジュングヤ)

旧暦8月15日 今日は中秋の名月 日本列島は台風18号の形跡に悩まされ、19号の接近に恐々としている最中のひと呼吸です。 昨夜、すでに大きな月が顔をだしていました。 外灯の少ない島での月明かりはとても明るく、平安時代を彷彿とさせます。 しかし、月が上がっている時は月明かりで星は見えなくなりますので悪しからず。 そんな中秋の名月、竹富島でも十五夜祭(ジュングヤ)が行われます。 十五夜祭は豊作祈願祭であり、男の祭りです。 昼~夕方(3時過ぎ)より、竹富小中学校校庭で行われますので、お時間のある方は覗いて見てください。 夜は各集落会館にて十五夜の餅やススキを供えて月見をします。 皆様にとって良い一夜となりますように・・・…

種子取祭第8日目

/
昨日は玻座間村の奉納芸能を無事に終えることができました。 ありがとうございました。 本日、種子取祭第8日目(辛卯)は、 ムイムイヌニガイ(萌え萌えの願い)の日。 「ムイムイ」とは発芽した種子が萌え出るさまの意で、 作物の繁茂が祈願のテーマ。 当日の芸能は主に仲筋村が担当します。             (YI) …

種子取祭第2日目

/
昨夜は無事にトゥルッキを終え、いよいよ祭祀期間に入りました。 種子取祭第2日目乙酉の今日、午後8時30分より、ゆがふ館にて、 恒例の「種子取祭教室」を開催します。 映像を鑑賞しながら、祭祀の日程や意味を理解し、 祭祀でうたわれる古謡を練習し、 みんなでうたえるようにすることが目的です。 大勢のご来館をお待ちしております。 さて、第2日目(乙酉)、第3日目(丙戌)、第4日目(丁亥)は、 主にタナドゥイの供物や料理の準備がなされます。 各家庭ではすでにピン(ニンニク)の用意も済み、 神饌であるイイヤチ(飯初)の餅米や粟の準備を始めます。 また、各集落の踊部・狂言部では、 奉納芸能の稽古と仕上げが着々と進められています。 竹富島では、タナドゥイでの芸能が 神をもてなすための大切な供物としてとらえられているのです。 (YI) …