私の撮った竹富島 Vol.2~まちなみ編~

第2弾となる「私の撮った竹富島」を募集します。今回はまちなみ編。春、別れそして出会いの季節。桟橋通りにはデイゴの花が咲き始めました。島の人達が大切にしている風景の一つに「まちなみ」があげられます。沖縄の原風景ともいわれるこの景色は竹富島の人達が一日一日大切に築いてきたものです。島を訪れた皆さんの目に、このまちなみがどう映っているのか。また、卒業して島を離れる子供達にどんな風景を覚えていてほしいのか。皆さんの写真を楽しみにお待ちしています。 …

第17回島立て学校

/
 9月1日に『第17回島立て学校』を 『旧与那国家住宅』にて開校いたしました。  今回の講師は九州大学教授…

『八重山毎日新聞』2007.9.2 掲載

/
『八重山毎日新聞』連載の「八重山の針路と選択」では、 「竹富島編」が展開中です。 第51回は、本土からの移住者が話題になっています。 見出しのみを拾ってみました。 「本土出身者が人口の3割も」 「島の経済や祭り支える」 「伝統文化守れるか、不安も」 「島の住民の3割を占めるIターン者」 「地域への協力が採用条件」 「数の逆転への不安も」 …

第30回全国町並みゼミ伊勢大会

/
第30回を記念する「全国町並みゼミ」が、9月14日から16日の3日間、 「伝えよう心とかたちのまちなみ文化」をテーマにして お伊勢参りのにぎわいとともに栄えた、三重県伊勢市で開催されます。 3日間のプログラムについて、1日目(9月14日)の全体会では 「開会セレモニー」、河合真如氏の基調講演「式年遷宮と伊勢のまち」、 伊勢からの報告、各地からの活動報告、交流会があります。 2日目(15日)は、町並み見学が、7つの分科会に分かれて行われます。 3日目の全体会では、分科会の報告、 「町並みゼミ30回記念パネルディスカッション」、町並みゼミ総括が 行われます。 パネルディスカッションに 上勢頭芳徳氏(喜宝院蒐集館館長)が パネラーとして竹富島から参加します。 テーマは「町並みゼミが伝えていくものはなにか」。 ディスカッションは、福川裕一氏(千葉大学教授)をコーディネーターに、 上勢頭氏のほか、中一夫氏(NPO法人小樽・朝里のまちづくりの会)、 北島力氏(八女福島伝統的町並み協定運営委員会)、 岡崎直司氏(宇和中町を守る会)をパネラーとして行われます。 ■「第30回全国町並みゼミ伊勢大会プログラム」はこちら。 ■お問い合わせ ○第30回全国町並みゼミ伊勢大会実行委員会 〒516-0009 三重県伊勢市河崎2丁目25番32号 伊勢河崎商人館内 Tel…