頑張る島人 (6月3日付八重山毎日新聞)

 今日(6月3日付)の八重山毎日新聞には、
上勢頭芳徳、同子さん夫妻の沖縄県博物館協会08年度
顕彰者として表彰されたほか、大城健太君(八重山
農林高校2年生)が、沖縄県総合体育大会ボクシング
競技においてフライ級3位に入賞した記事が掲載されて
います。
 上勢頭夫妻は喜宝院蒐集館の蒐集物約4,000点のうち、
842点が国の登録有形民俗文化財として指定されたことや、
竹富島に関する地道な調査活動が評価されています。
 大城健太君は、竹富小中学校を昨年卒業後、八重山農林
高校に入学。現在高校2年生でボクシング部に所属しています。
昨年の種子取祭では、庭の芸能にて棒術を奉納しています。
 身近な方々が頑張っている姿を見ると、私たちの身も引き
締まる思いがします。
(ta)


上勢頭夫妻を表彰 県博物館協会総会
 
 沖縄県博物館協会(小橋川清弘会長)の総会が5月30日、
沖縄市の東南植物楽園で開かれ、席上、竹富島「喜宝院蒐集館」の
上勢頭芳徳、同子さん夫妻が08年度顕彰者として表彰された。
 上勢頭夫妻は、42年間にわたり資料収集や展示、調査活動を
継続、07年3月7日には約4000点の収蔵資料のうち842点
が「竹富島の生活道具」として国の登録文化財に指定、県内で初め
て有形民俗資料が国の登録文化財として価値を認められたことが県
博物館活動での顕著な功績として評価された。
 これまで11人が顕彰されており、上勢頭夫妻が八重山からは
初の顕彰。このほか、県立博物館や久米島自然文化センター設立に
功績を残した那覇市の上江洲均氏も表彰された。
 県博物館協会は県内と奄美の博物館や展示施設など66施設が
加盟、八重山地区からは7施設が加盟している。
県高校総体ボクシング
 県高校総合体育大会ボクシング競技が5月31日から本島
沖縄市のダイヤモンドホールで行われ、八重山農林高の
美崎伸弥選手(2年)がライトフライ級で決勝進出を決めた。
また同校の大城健太選手(同)もフライ級で3位入賞となった。
 大会準決勝戦で、美崎選手は試合開始直後からラッシュで相手
選手をダウンへと追い込んだ。大城選手は、母親が石垣出身で沖尚
の翁長俊行選手と対戦し惜しくも敗退、3位にとどまった。一方、
翁長選手は決勝進出を決めた。
 試合後、美崎選手は「この勢いで優勝し、全国大会に出場したい」
と話し、3日の決勝でインターハイ出場をかけて勝負に挑む。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です