第12回民具づくり教室

 民具づくり教室“クバ笠”編もいよいよ大詰め。
骨組の準備、制作も終え、いよいよクバが登場します。
 クバも今日の教室に合わせて二日前から水に浸し、
加工できるように柔らかくしています。
 ひとつのクバ笠に必要なクバは3枚。用いられる
クバは喜宝院蒐集館前に自生している与那国クバです。

 クバを骨組みに貼り付け、洗濯ばさみで固定します。
講師の松竹昇助さんでも貼り付け作業には慎重です。

 民具づくりは根気も必要です。
食事後はゆがふ館のゆんたくコーナーに場所を移して作業です。

 クバの貼り付けを終え固定します。
これからは竹ひごを取り付けタコ糸で縛る作業が待っています。
(ta)

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です