新年・成人祝い

今朝の『八重山毎日新聞』に、
「竹富町の各島で成人式」のタイトルで
竹富島、黒島、小浜島の各島から
成人祝い報告がありました。
竹富島の成人祝いは、2日夜、まちなみ館で
ぶなる会(婦人会)・青年会が共催で開かれました。
芸能づくしの祝賀会は、竹富島らしく
華やかに、にぎやかに、楽しいお祝いとなりました。
プログラムは次の通り。
【式次第】1. 開会の言葉
     2. ぶなる会会長のあいさつ
     3. 公民館長祝辞
     4. 町長祝辞並びに記念品贈呈
     5. 記念品贈呈(青年会会長)
     6. 選挙管理委員長あいさつ
     7. 成人者あいさつ
     8. 青年会長あいさつ
     9. 閉会の言葉
【祝賀会】1. 青年会「太鼓ばやし」
     2. 会長出し物「御前風」
     3. 西支会「正月口説」
     4. 老人会長スピーチ
     5. 仲筋支会「赤またー節」
     6. 東支会「竹富渡し」
     7. 成人者紹介
     8. 恩師スピーチ
     9. 西支会「鷲ぬ鳥節」
     10.青年会「戻り駕篭」
     11.十文字恵美子 独唱「てぃんさぐぬ花」他
     12.仲筋支会「ゆがふ節」
     13.東支会「殿様節」
     14.スピーチ
     15.成人者親のあいさつ
     16.クイチャー
     17.万歳三唱          (YI)


竹富町の各島で成人式
―住民詰めかけ、門出を祝福―
『八重山毎日新聞』2008.01.05
                 
ぶなる会(婦人会)・青年会共催の新年・成人祝いが2日夜、まちなみ館で催された。
成人祝いは内盛正基君、嶺井政樹君、西東浩介君の成人者3人が拍手に迎えられて入場したあと、島の守り神・西塘様に拝礼して進められた。
主催者のあいさつで豊見本苗子ぶなる会会長は成人者を祝福し「人生は平たんではないが育ててくれた両親、地域の方々への感謝を忘れることなく責任を持って大きく羽ばたいてほしい。干支の始まりである子年の新年を迎えられたことを一緒に喜び、しっかり根を固めて地域のために尽くしましょう」と式辞を述べた。
上間穀公民館長、大盛武竹富町長(代読)、根原康尚選挙管理委員長代行がそれぞれ成人者を激励し、記念品を贈呈した。
成人者を代表して内盛正基君が「3人とも今は島を離れて観光関係の勉強をしているが、いずれ帰ってきて島のためにがんぱりたい」と抱負を述べた。(竹富通信員)

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です