岡部伊都子さんをしのぶ会

今晩、4月29日にお亡くなりになった、
岡部伊都子先生を偲ぶ「岡部伊都子さんをしのぶ会」
がこぼし文庫にて行われました。


芳名帳には143名の名前が記されています。
岡部伊都子先生は、1968年4月に初めて竹富島に訪れています。
過疎化が進み、日本復帰が叫ばれ、竹富島が一番大変であった時代です。
 
とりまく状況が苦しいながらも、大らかに生きる竹富島の
人々の伝統、習慣、人々の生活に魅せられた岡部先生は、
竹富島に土地を購入し、一時は永住を決意されます。
しかし、本土資本による土地買収が横行している最中、
自らも同じことをしているのではないか。と考えるよう
になり、さらに医師から永住は難しいと診断され、移住
を断念されます。
36年前の1972年5月15日、沖縄が日本に復帰する日、
竹富島の子ども達へ土地家屋を寄贈し、「こぼし文庫」
と名づけ、竹富島の子ども達に本を贈り続けます。

岡部先生は竹富島に訪れるたびに、竹富島の島造りの神
である清明御嶽に参拝されます。
ここは、竹富小中学校に隣接する御嶽であるので、
子ども達をお見守りくださるようにとの願いがあったためです。

現在、竹富島は様々な悩みを抱えています。
こうした中、岡部先生がお亡くなりになったのは
竹富島にとってさらに辛いことであるともいえるでしょう。
しかし、私たちは“うつぐみ”の精神をもってその悩みを解決し、
岡部先生から受けた多大な恩恵を返さねばなりません。
(ta)

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です