坊主墓の清掃




NPOの活動として、遺産管理があります。
今や忘れられ、消え入りそうな文化遺産、まだ見ぬ文化遺産を掘り起こし、マネジメントしていこうという目的があります。
これまでも何度か行ってきましたが、今回は「坊主墓」の清掃です。
一説によると坊主墓は、竹富島出身の西塘が首里での生活を終え、初の八重山統治
者として、竹富に戻った際に連れてきた妾の墓だとも、妻の墓、母親の墓だとも言われています。
坊主墓は、いよいよ明日に迫った「竹富島のオン(御嶽)をめぐる~その3・西塘編』(オンツアー)のコースにも含まれています。
これで安心して見学することができそうです!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です