八重山から。八重山へ。

先月、砂川哲雄氏の著書
『八重山から。八重山へ。-八重山文化論序説-』が
南山舎から発刊されました。
「第1章 人物へ」「第2章 歴史へ」「第3章 状況へ」
「第5章 文学へ」「第6章 芸術へ」から構成され、
自然や文化、芸術、環境問題など、
縦横無尽に論じられています。
そのなから、竹富島に関しては
ンダローマゆんた、

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です