キオビエダシャクの交尾

20101129_1397910_t
キオビエダシャク チョウ目 シャクガ科
幼虫がイヌマキの葉を食べるため害虫とされています。
九州南部から台湾にかけて分布しており、成虫は花に集まり
吸蜜します。一般的には昼間に活動するそうですが、夜間の
交尾行動を撮影しました。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です