ほうきの目を入れる習慣

現在、竹富島の代名詞と云われるほどになった
毎朝行なわれる“白砂の道”の清掃
歴史を紐解くと、明治末期から大正時代にかけて
疫病の流行を防ぐため、清掃活動を徹底するために
に始まったと伝えられています。
20101129_1397905_t
現在ではその習慣が残り、島の人たちの手で残されています。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です