『Coralway No.111』2007年7・8月真南風号

『Coralway No.111』は、JTA創立40周年を記念したもの。
巻頭には、JTAの40年の歩みが、コンパクトにまとまっています。
本誌は特集のほか、いくつかの連載記事やエッセイに、
写真をふんだんに取り入れた構成が特色になっています。
「おいしいお土産」は人気コーナーのひとつ。
文は飯田辰彦氏、写真は島袋浩氏によります。
その第4回では、「竹富島醤油」が採りあげられ、
仲筋集落の狩俣正三郎・ハツ夫妻が紹介されています(47頁)。
尚、この号は7月1日から8月31日までJTAの機内に搭載されます。
お楽しみに。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です