『読売新聞』2001.1.10掲載記事

「再生 人間の世紀へ9 宝の島ー真の繁栄「自立」からー」


~この記事は
全国竹富島文化協会『星砂の島第6号』から抜粋しました。~
沖縄・八重山諸島にある竹富島。外周約9キロの小さな島だが、星砂の浜に誘われて年間20万人の観光客が訪れる。しかし、石垣島など周辺の島々と違って、本土資本のリゾート施設はどこにもない。
 「島の美しさを残すには、自分たちでやるしかない」。地元でエビ養殖会社を経営する上勢頭保(51)は言う。
 しかし15年前。
 島の面積はほぼ2割が本土のリゾート企業などの手にわたっていた。
 赤がわらの家並みを囲む石灰岩の石垣。水牛車が踏みしめる白砂の道。美しい外見をまとうサンゴの島は、農作業には不向きだ。
 クワを入れれば岩で刃が折れ、まいた水はすぐ乾く。主要産業だったサトウキビ栽培も1960年台半ば、製糖工場か閉鎖され壊滅した。
 72年の沖縄本土復帰が近づくと、本土の業者から「土地を売らないか」と声がかかり始めた。「不毛の土地に値段がつくだけでもありがたい」。1ドル360円の時代に3.3平方メートルが1-3セントで次々と売却された。ブローカーに、産み立ての卵を届け、ヤギ汁をふるまって感謝する家もあった。
 町議だった父親は、数少ない開発反対派だった。当時、上勢頭さんは20台半ば。大阪で運送会社を経営していたが、「お前も島を守れ」と呼び戻された。
 しかし本土資本の開発には反対でなかった。島に戻ると、クルージングや送迎バスという新しい観光業を始めた。
 そのかたわら公民館の仕事を手伝い始めた。公民館は島の自治組織で、賦課金を各戸から取り祭事などを取り仕切る。
 若い人がいかに減っているかを実感した。長寿の島と言えば聞こえはいいが、65歳以上が半分以上を占める超高齢社会。「祭事も続けられない。若い連中を呼び戻し、本土に頼らず島が自立しなければ」。気持ちが変わった。
 地元が潤う形での発展が必要だ。そのためには土地を買い戻すことが先決だった。全部で1平方キロメートルを超えていた。名古屋の私鉄会社と、福岡の財団法人が大地主だった。
 
 「売って欲しい」
 ダイビングを通じて顔見知りだった私鉄の担当部長に切り出すと、部長は「君ならいいよ」と笑った。「買えるはずがない」とふんだ軽口だった。
 売値はしめて6億5000万円。金策は難航した。銀行は「担保がない」と、相手にもしてくれなかった。
 「御嶽」と呼ばれる祖先の霊を祭ったほこらに通っては、「力を貸してください」と祈り続けた。
 そして、奇跡が起きた。86年、那覇に住む知りあいの会社役員に、思い描いていた島の将来像を語り続けた。黙って話を聞いていた役員が言った。
 「企業家としての君個人に貸そう」
 ぶ厚い壁が崩れた。
 司法書士を連れて私鉄本社に乗り込んだ。「買いに来ました」と言うと、担当部長はまた笑った。ところが、小切手や印鑑証明など必要書類を見せると、顔色が変わった。「うそだ」と言って絶句した。しかし、約束は守った。財団の理事長も折れた。帰郷して14年が過ぎていた。
 上勢頭さんは思う。「私利私欲を捨て、無の心になれば願いは通じる」
 終戦直後の47年の2200人をピークとする人口は、92年の251人で下げ止まった。
 昨年には、15年ぶりに300人を超えた。このうち約90人は、Uターン組や、島に魅せられた移住者たちだ。島民と新住民が結婚して、子どもたちも生まれている。今春、島外から子どもを小中学校に受け入れる「星砂の島」留学が始まる。
 ただ課題も多い。
 この10年で観光客は倍以上も増えたのに、23軒あった民宿は半減した。近隣の島々に近代的なリゾートホテルが次々に建ったからだ。
 買い戻した土地の大半は、林になっている。伝統の建築様式を生かしたリゾート施設の青写真はある。建築も従業員も出来る限り地元でまかないたい。だが資金のめどはたたない。
 昨年11月末、600年前から続く1年で最大の祭事、種子取祭が開かれた。
 「祖先から受け継いだ伝統文化と美しい自然環境を誇り・・・」。父たちが制定した竹富島憲章は「『かしくさや うつぐみどぅまさる』の心で島を生かせ」と続く。「協力すれば返って来るぞ。助け合いの和こそ大切だ」という意味だ。祭りでは、この言葉を歌詞とする踊りが神々となった祖先に奉納された。
 「この島を宝の島にしたい」
 伝統と暮らしが共存できる宝の島に。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です