『八重山毎日新聞』2008.01.06

本日の『八重山毎日新聞』「不連続線」欄に
竹富島のリゾート開発計画について
論じられています。
「私たちは、竹富島が好きなだけに
 銘々が島の未来のようなものを
 夢見て大事にしている。」     (YI)


『八重山毎日新聞』「不連続線」欄2008.01.06
 暮れに飛び出した竹富島のリゾート開発計画には驚かされた。土地を売らないから、島の人が経営するからいいんだという理由で大型開発が進められては、島の自然保護運動は成り立たない。
 景観を守り、限りある自然にこれ以上負荷をかけないため大型リゾート計画は、いらないと運動してきた住民の立場はどうなるのか。計画申請者は、景観を伝統的な建造物に準じると説明しているが、採算性の問題もあり、ある程度の規模は必要だろう。
 多くの規制の中で造られる施設は、投資を回収するのに高い質を求めることになるだろう。その場合、島のあけっぴげな民宿の庶民性とは一線を画したエリアが出現し島の雰囲気を変えてしまうことにならないか。
 ともあれ私たちは、竹富島が好きなだけに銘々が島の未来のようなものを夢見て大事にしている。しかし所詮部外者。この問題は新石垣空港同様、島に住む人と竹富町役場が島の将来をどう考えるのかにかかっている。
 日帰り観光からの脱皮、雇用の拡大への期待などを望む声も無視はできない。一方で光熱、上下水、ゴミ問題と回りをぐるり海に囲まれた島ゆえの悩み、課題も山積している。
 竹富島は八重山観光の試金石。利便さと量だけではいけないと感じ始めている。ではどんな質を求めるのか。(世)

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です