『八重山毎日新聞』2007.9.11 掲載記事

石垣島竹富郷友会が敬老会
会員の長寿を祝う


石垣竹富郷友会(大山剛会長)の第40回敬老会が9日午後、大川公民館で開かれた。
敬老会には73歳以上の会員やその家族など、多くの関係者が訪れ、長寿を祝った。
式典では106歳と101歳、97歳、88歳、85歳を迎えた会員に記念品と祝金を贈った。
85歳会員を代表して入迎里英能さんが「たくさんの人たちに祝ってもらい、うれしく思う。ただ長生きするのではなく、健康で長生きすることが幸せとなる。互いに老後に花を咲かせましょう。」とあいさつした。
式典後には祝賀会が開かれ、会員の家族や孫、青年部、宇根由基子舞踊研究所などによる余興が披露された。
大山会長は「先輩たちのおかげで、今の郷友会がある。これからも健康で子や孫、私たち後輩を指導してほしい」と話した。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です