『八重山毎日新聞』2007.6.29 掲載記事

竹富で海洋環境教室
ヘリ見学に目を輝かす(竹富通信員)


 「海洋環境保全推進月間」の一環で25日、竹富小中学校体育館で、海洋環境教室が開かれた。石垣航空基地の川畑和人次長や職員、海上保安協会の女性部員5人が参加して開催した。
 同教室では立岡飛行長が「みんなの海を美しく、夏の海遊びを楽しく」として講話、女性部の辻野ヒロ子さんが紙芝居「うみがめマーリンの大冒険」の読み聞かせを行い、児童たちは目を輝かせて見入っていた。
 また中学生も参加してヘリ「ほしずな1号」の見学説明会もあり、急患輸送に活躍しているヘリとあって、子どもたちは興味津々。コックピットに乗せてもらい、着水事に自動的にふくらむフロートの仕組みなどにも関心を示していた。
 その中で友利翼くん(小5)は、「自分はお母さんがこのヘリコプターで運ばれ、八重山病院で生まれた。それで名前は翼と付けたそうです。将来はかっこいい海上保安官になりたい」と感謝していた。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です