『八重山毎日新聞』2007.07.08 掲載記事

毎週日曜日、『八重山毎日新聞』の第一面に連載中の
「八重山の針路と選択」は、変わりゆく八重山の自然・文化・暮らしに、
取材班がスポットをあてたもので、7月8日で45回を重ね、
現在の八重山を考えるときの話題を提供しています。
第3部の「まちづくり」に入ってからは、まちづくりの先進地として、
毎回竹富島がとりあげられ、現状と課題をレポートしています。
第45回(第3部・まちづくり(4)、7月8日掲載)には、
「家屋は『赤瓦、茶色の板壁』が基準」「保存物件の修理・復元」
「建材の確保」「職人の後継者育成」
「昔ながらの建物保存に費用や建材などで課題も」などの
見出しを拾うことができます。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です