「おばあちゃんのお手玉をお土産に。」~その2

おばあちゃんのお手玉をお土産に・・・。
「どうにか販売してみるよ!」と受け取ってはみたものの・・・
どうやって、お手玉を竹富島のお土産にすればよいのでしょう?
島のおばあちゃんが作ったといっても、
お手玉は日本全国どこにでもあるもの。
「竹富島のお土産」として、
かりゆし館に来店するお客様の目に留まるには
どうすればよいのか悩みました。
スタッフのみんなであーでもない、こーでもないと
さまざまなアイデアを出し合ったところ、
大まかではありますがテーマがまとまりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1 何か特別な入れ物を考えよう!!
   2個セットで販売するにあたり、何か入れ物を考えよう。
   ここで何か竹富島の素材を使って入れ物を作ることにより、
   『竹富島のお土産』になる。
2 店内ポップに力を入れよう!!
   97歳のおばあちゃんが作ったものだというところに、
   他で買えない価値があると思う。一目でおばあちゃんの
   手作りのものだとわかるようにポップを工夫しよう。
3 購入しやすい価格設定にしよう!!
   おばあちゃんの作ったお手玉は、やっぱり子供達の手に
   渡ってほしい。小学生のお小遣いでも買える額にしたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんな方向でいきたいとスタッフの意見がまとまったところで、
ちょっとずつではありますが、
「おばあちゃんのお手玉をお土産に!!」計画は動き出したのです。
つづく

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です