JICA研修員の来島

昨日は、毎年恒例となった
特定非営利活動法人おきなわ環境クラブ
のコーディネートにより、
JICAの研修員が
「熱帯・亜熱帯地域によるエコツーリズム企画・運営」
の研修のため竹富島を訪れました!
(ta)


 今回訪れた5名の研修員のお国は、
バングラディシュ人民共和国 (中央アジア)
ドミニカ共和国 (北中米カリブ海)
インドネシア共和国 (東南アジア)
トンガ王国 (南太平洋・オセアニア)
ベネズエラ・ボリバル共和国 (南米)
研修員のみなさんは、母国のエコツーリズムの
企画・運営に携わっていきます。
午前中はNPOたきどぅんが催行する
「素足で感じる竹富島」を体験し、
“まっちゃおばぁ”こと古堅 節さんのガイドで
竹富島を堪能します。

午後になると、
重要文化財「旧与那国家住宅」を借用して、
阿佐伊孫良NPOたきどぅん理事による講演会、
「竹富島のこれまでとこれから」を受講しました。

ぜひとも、
竹富島で体感した時間を、
母国の多くの方々に伝え、
さらには、
自国の魅力を最大限に引き出し、
訪れる方々に伝えていただきたいと願います。