「ねぷた」登場に沸く(八重山毎日新聞記事)

 今日の八重山毎日新聞には、昨晩行われた
「南北芸能交流の集い―斜里・弘前・竹富、真夏の共演―」
の記事が、弘前扇ねぷたの写真とともに一面に掲載されています。
 竹富島の白砂の道に勇壮なねぷたが練り歩き、
大勢のかたがご覧になられています。
 主会場となった竹富小中学校の特設ステージでは
各地域の芸能が催され、ねぷたと共に去りゆく8月の
夜を彩りました。
 8月も今日が最終日です。
 9月に入ると、竹富島では慌ただしい日々が続きます。
(ta)


 「南北芸能交流の集い―斜里・弘前・竹富、真夏の共演―」
(主催・同実行委員会)が30日夜、竹富小中学校特設舞台で
にぎやかに開催され、県内でも初めて、知床斜里と本場青森県
弘前のねぷたが島内を練り歩いた。
 南北芸能交流の集いは、竹富町と北海道斜里町の姉妹町盟約
35周年を記念したもので、互いの芸能を通して理解や交流を
深めるのが目的。
 また、斜里町と弘前市は互いに友好都市で、それぞれ過去に
も竹富町と芸能交流を行っている。
 この日は約1500人が会場に訪れ、主催者あいさつの後、武者
絵が描かれた斜里町の組ねぷたと弘前市の扇ねぷたが
「ヤーヤドー」というかけ声と共に地域を練り歩いた。
 特設会場では、八重山の郷土芸能、津軽三味線やねぷたはやし
などが披露され、多彩に催される南北の芸能に会場からは
盛んな拍手が送られた。