私の撮った竹富島 Vol.2~まちなみ編~

第2弾となる「私の撮った竹富島」を募集します。今回はまちなみ編。春、別れそして出会いの季節。桟橋通りにはデイゴの花が咲き始めました。島の人達が大切にしている風景の一つに「まちなみ」があげられます。沖縄の原風景ともいわれるこの景色は竹富島の人達が一日一日大切に築いてきたものです。島を訪れた皆さんの目に、このまちなみがどう映っているのか。また、卒業して島を離れる子供達にどんな風景を覚えていてほしいのか。皆さんの写真を楽しみにお待ちしています。…

サイトリニューアルのお知らせ

ウェブサイトをリニューアルしました。タ…

種子取祭の芸能

/
今年度の種子取祭も無事終えることができました。 ありがとうございました。 祭りのあとの余韻に浸る間もなく、 11月3日には、全国竹富島文化協会創立10周年を記念して、 浦添市の「てだこホール」にて、 「種子取祭の芸能」と銘打った芸能公演が開催されます。 (午後6時開場・午後6時30分開演/入場料2000円/問合せ℡0980-85-2488) 本公演は、芸能を通じた後継者の育成を大きな目的としていますが、 沖縄本島在住の郷友のみなさんにおかれては、 「うつぐみの心」に触れる絶好の機会となるにちがいありません。 そして、テードゥンヒトゥ(竹富人)であることの 誇りを自覚することになるでしょう。 また、一般の方々には、種子取祭の芸能の神髄を ご覧いただきたく存じます。 今朝の『八重山毎日新聞』では本番に向けた合同稽古の様子が、 報道されていました。 『琉球新報』にも、本公演のお知らせが、 「短信」として載っています。 当日の演目は次のとおり。    棒         ジッチュ         マミドー         馬乗しゃ   狂言「鍛冶工」         舞踊「赤馬節」         舞踊「しきた盆」         舞踊「高那節」         舞踊「下原節」         舞踊「海晒節」         狂言「世曳き」         舞踊「大浦越地節」         舞踊「胡蝶の舞」         舞踊「スル掬い・タコ捕り」         舞踊「久高島・海上節」         狂言「鬼捕り」                                (YI) 『八重山毎日新聞』2007.10.29 竹富島種子取祭の芸能 浦添市てだこホールで公演 本番向け合同練習  全国竹富島文化協会創立10周年記念・浦添市てだこホール開館記念「竹富島種子取祭の芸能」(主催・全国竹富島文化協会)が、11月3日に浦添市てだこホールで開催されるのを前に、玻座間、仲筋両民俗芸能保存会石垣在会員の合同リハーサルが28日、石垣市健康福祉センターで行われた。  同文化協会(高嶺方祐理事長)の10周年の節目を記念し、玻座間、仲筋両保存会が合同で種子取祭の庭の芸能、舞台の芸能を本島では初上演するもので石垣在会員ら総勢約100人が参加する。  4日午前には、竹富島の精神文化の柱となる西塘の功績を確認し、島人の連携を図るとともに、今後の島おこしを図ろうと、首里城や園比屋武御嶽で西塘作の「しきた盆」の斉唱と「巻き踊り」も行われる。  舞台「種子取祭の芸能」では、庭の芸能の棒や「ジッチュ」「マミドー」「馬乗しゃ」、舞台の芸能の「鍛冶工」など狂言3演目と「しきた盆」など代表的な舞踊9演目が披露される。  合同練習では、石垣在竹富関係舞踊研究所や郷友会メンバーらが舞踊や狂言のけいこに励んでいた。  入場料は2000円。問い合せは(85-2488、ゆがふ館)。 …

真栄(マサカイ)

/
「真栄節」の主人公である、真栄は実在の人物であり、1701年、大山家の次男として生まれたと伝えられています。 1719年には、分家し小山家を建て小山家の祖となります。分家の際、大山家より国仲原の長山畠一筆を譲り受けますが、当時の人頭税では税を納めるどころか、食べるのもままなりません。 そこで、真栄は思案を巡らせ、一念発起竹富島を離れ、西表島仲間(現在の大富付近)へ渡り大原田の港口を開田し稲作に従事します。 当時は個人が自由に移住や転居ができない時代であり、かつ人頭税が生活に大きくのしかかっていました。 真栄は、税を納めるために荒地を開墾するなどの精神的・身体的に苦痛が伴うことを自らで選び行動しました。この行為から、真栄は島人から称えられ、「真栄節」として今日まで名が残されています。 「真栄節」 1 まりや たきどぅん  (竹富島に生れて)    すだてぃや なかまぬ まさかい  (西表島仲間村で 生活した 真栄)   ウヤキ ヨーヌ 世バ 直レ  (豊カナ 世ニ 直レ) 2 いなきゃぬゆい なぐぬ すみゃんどぅ  (何故 どうしたわけで)   なかま くいおたる  (仲間村に 移住されたのですか)   ウヤキ ヨーヌ 世バ 直レ  (豊カナ 世ニ 直レ) 3 うはらだぬ みなぐちぬ  (大原の田 水口の田が)   ゆやんどぅ   (欲しくて 移住しました)   ウヤキ ヨーヌ 世バ 直レ  (豊カナ 世ニ 直レ) 4 むちぐみぬ しるぐみぬ  (餅米が 白米が)   うり ふしゃんどぅ  (これが 欲しくて移住しました)   ウヤキ ヨーヌ 世バ 直レ    (豊カナ 世ニ 直レ) ● 上勢頭 亨 著/『竹富島誌…