第16回島だて学校のご案内

○「旧与那国家住宅フーヤ(主屋)に学ぶ」村田信夫
大正2年に建てられた旧与那国家住宅フーヤ(竹富町指定文化財)は、
竹富島の伝統的な民家の形式、フーヤを中心にして、トーラ(炊事棟)、ジージョン、豚小屋をそのまま残し、昔の生活をうかがい知ることができます。
フーヤは、2003年から3年の年月をかけ、文化庁の補助事業で解体修復されました。また、屋敷を取り囲む石垣の修復は、NPOたきどぅんが国交省の助成を受けて行なわれました。
この修復では、建造物の継承のみならず、島の大工さんを中心に多くの島民が参加し、島の先輩から家を建てるために必要な技術を継承をすることもできた一大プロジェクトとなりました。
このような経緯で、2006年3月9日に落成した「旧与那国家住宅」を、
1、エコ・省エネ住宅
2、リサイクル・循環型住宅
3、うつぐみの心によってできた住宅
という切り口で、この度、修復事業の監督である村田信夫氏からお話を伺うことができます。
旧与那国家住宅に抱かれ、臨場感あふれるお話が聞けることでしょう。
皆様のご参加をお待ちしております!
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
日時 7月3日(火) 20:30~21:30
場所 前与那国家住宅にて
講師 村田信夫氏(文化財建造物修理主任技術者)
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です