平成23年度 第11回NPOたきどぅん総会

去った5月29日、
竹富島まちなみ館において、
第11回特定非営利活動法人たきどぅん通常総会を
開催いたしました!


(ta)


今年で設立満10年を迎えるNPOたきどぅんですが、
(2002年10月25日設立)
竹富島民をはじめ、
多くの竹富島出身者や竹富島ファンの皆さまに
支えられて10年目の節目を迎えることができます。
心より感謝申し上げます。

現在、
NPOたきどぅんの会員は82名。
そのうち正会員と賛助会員の二つに分かれています。
正会員57名、賛助会員25名の方々が様々なカタチで
わたしたちの活動をサポートしています。

・正会員 
NPOたきどぅんの活動に直接参画できる皆さまで、
総会の議決権を有しています。
竹富島民、島外の有識者が会員です。

・賛助会員
島外からNPOたきどぅんの活動をバックアップして
頂いている方々で、
竹富島ファンの皆さまにご協力いただいています。

総会は正会員57名のうち委任者を含む39名が出席し、
昨年度(第10期)の活動報告や決算報告の承認、
今年度(第11期)の活動計画の承認、
執行役員の選出などを審議いたしました。

新執行役員は、
新田長男氏(新田観光代表)が副理事長を辞し、
理事会の出席を認められる正会員(理事待遇)となり、
阿佐伊孫良氏(竹富老人クラブ会長)が副理事長に
復職し、他の執行役員は留任することが
全会一致で承認されています。
新田長男氏にかわる新理事は、
大浜信一郎氏(丸八レンタサイクル代表)
が選出されています。

また、NPOの会計をチェックする監査役には、
高嶺滝好氏(高嶺滝好建築設計事務所代表)、
飯田泰彦氏(竹富町教育委員会町史編纂係)
が就任いたしました。

昨年度は、
竹富島のデイゴを救おう実行委員会や
竹富島ビジターセンター運営協議会(竹富島ゆがふ館)
の活動のサポート役に回り、竹富島を支える組織の
裏方役に徹してきました。

今年度も、
NPOたきどぅん設立の理念のもと、
竹富島の自然・文化遺産を保存継承する仕組みづくり
をはじめとするアイディアの提供や、
竹富島の諸団体と連携して、島を盛り上げて行きます。

引き続き、
多くのみなさまの
ご指導、ご鞭撻を宜しくお願いいたします。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です