交通システム実験

2007年2月24日 晴天  バス実験&お散歩日和
フィリップモリスジャパンの助成により、竹富島「どぅゆくい観光」の推進をすすめていますが、いよいよその核心である、バスの交通システム実験を行いました。
以前行ったプロジェクト会議での話し合いに基づき、
ターゲットを観光客のみに絞り、既にあるがんじゅ道沿いの番号札をバス停として周回バス運行を行いました。
今回がもちろん初めての試み。
特に今回は実験性が高かったので、より多くのお客様の反応を知りたかったため料金はフリー。
船の出発からきっかり15分後の出発とあって、かりゆし館での趣旨説明の時間もばっちり取れて、多くの迷えるお客様に参加頂くことができました。
この実験のアンケート結果やスタッフの意見などを元に、またバス実験を行う予定です。
今度の問題は、「住民の足としてのバスをどうするか。」に焦点が当たりそうです。
難問は山積みですが、成功と言っていい今回の実験を足がかりに、挑戦し続けます!!
20101129_1397853
↑運転手のあつしさん
20101129_1397857
↑かりゆし館での案内は丁寧に!
20101129_1397858
↑いつもの案内板にバスポスター
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑どこに行こうかなあ
20101129_1397855
↑降りてもきもちいい~
20101129_1397854
↑港からのお客さんだけじゃなかったんです!