第110回竹富島民具づくり教室

開講日を土曜日に変更して行われた
第110回民具づくり教室では、
ンーマニ(クロツグ)を用いた
箒(ほうき)の制作に取りかかりました!
クロツグは、
ほとんどが民具の材料に用いられることができ、
葉や茎、繊維などは
玩具や建築資材など日常生活で多用され、
ビロウ(クバ)や竹と並び、
八重山の民具づくりにおいて
欠かせない植物といえます。

今回の教室では、
新会員4名を加え参加者6名で開催しています。
(ta)


今回の教室では、
収穫したンーマニの葉から芯を取り出す作業に
取り掛かりました。





さて、どのような箒が出来上がるのか。
来週はいよいよカタチが見えてきます!