デイゴ再生プロジェクトIn竹富島

 
巷ではゴールデンウィーク真っ只中。
竹富島も連休を楽しまれている方が大勢いらっしゃいます。
あいにく、ゴールデンウィークに入るや否や沖縄では梅雨入り
宣言でしたが、島はなんとか天気にも恵まれています。
さて、大型連休のさなか5月2日~3日の二日間にわたり、
竹富島ではデイゴの樹幹注入が行われました。

今回は島民に加えて島に遊びにこられた方々と石垣島の
デイゴ再生事業のスタッフの方、沖縄県や薬剤メーカーの方々など
たくさんのご参加があり、予定以上の作業をおこなうことができました。
竹富島には登録されているデイゴの木だけでも150を超えます。
その150本と目につくデイゴの木を探して歩きます。
一本一本メジャーで木のサイズをはかり薬剤を注入、剪定を施していきます。
そして今回投入した薬剤の数は約1000本でした。


作業隊は2日目にはうっそうとした緑のなかから
デイゴの木を探すことができるようになっていました。
年に一回の作業です。しかし成果は一年後。
それまでの楽しみのために皆さんにはたくさんの汗を流していただきました。
そしてこの作業ができたのもたくさんの募金をいただいたおかげです。

たくさんの方の支援とご協力に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。