1月8日付八重山毎日新聞

 1月8日付八重山毎日新聞第8面には、ほのぼのとした
記事と、今後の八重山観光を俯瞰する上で重要な会合が
開催された記事が同じ紙面に掲載されています。
 竹富島の子ども達を守るための大人たちの会合なのか、
また、竹富島の子どもたちの生活の場を損なわせる会合
になってしまうのか・・・。
 世界情勢が悪化する現在、八重山の重要な産業である
である「観光業」をどのように導くのか。
 非常に重要な舵取りをしなければなりません。
(た)


● 竹富小中校 たこ揚げで歓声
  新年の決意新たに
 竹富小中学校PTA主催の「新春たこ揚げ大会」が
6日行われ、全校児童生徒と父母らが新春の大空に各自で
制作したたこを揚げた。
 新年恒例の親子一緒の行事で、三浦良太君(小1)は
「お父さんと一緒にたこを上等に作った。絵は一人で頑張って
描いた。楽しかった」、狩俣未来さん(小1)は「賞を取れた
のでうれしい。とても楽しかった」、宇根歩君(中1)は「今日
は3回飛ばして2回失敗した。最後に飛ばして1番高く飛んだ。
とてもうれしかった」と感想を話していた。
各賞は次の通り
▽雄飛賞=小学校の部・狩俣未来(小1)、吉澤紅愛(小3)
    =中学校の部・宇根 歩(中1)
▽デザイン賞=三浦良太(小1)、兼城太郎(小2)
● 「観光入域78万人以上を」
  旅行4社八重山会が新年会
 旅行会社のJTB沖縄、日本旅行沖縄、トップツアー、
近畿日本ツーリスト沖縄の4社八重山会合合同新年会が、6日夜、
市内ホテルで開かれた。
 新年会には航空会社を含む約120人が参加、昨年の入域観光客
数78万人以上を目指す、と決意を新たにした。
 主催者を代表して、近畿日本ツーリスト八重山会の砂川栄広会長
は「昨年は目標であった80万人を達成できず残念だったが、今年は、
行政や関係機関が三位一体となり、なお一層頑張っていこう」と
呼びかけた。
 会には、市観光協会長の大浜長照市長、川満栄長竹富町長、
兼島規八重山支庁長も訪れ、大浜市長が「観光客減少が見受けられる
が観光価値が衰えたわけではない。昨年に発足した観光庁も大いに
活用して八重山をアピールしよう」と激励。
 川満町長は「自然と景観の2つが大きなキーワード。ツアーの企画
や組み合わせで八重山の魅力は増すものだと考えている。『八重山は
1つ』を合言葉に頑張っていこう」とあいさつした。