ショーロ(お盆)について(8/18付八重山毎日新聞)

 18日(月)の八重山毎日新聞には、
8月30日に開催される『ねぷたが竹富島にやってくる』
の詳細や、郡民大会での竹富の活躍が掲載されていますが、
 竹富通信員による竹富島のショーロ(お盆)の記事が
掲載されています。
(ta)


女性中心、サングラスなし アンガマが各戸を訪問
竹富島の旧盆
 竹富島でも16日の総出作業(スードーリ)まで4日間の旧盆
(ショーロ)を終え、行事の多忙さとは違った日常の忙しさが
戻ってきた。13日には祖先の位牌(いはい)を祭っている家庭
では戸口で迎え火をたいたりして祖先を迎え3日間、毎食と間食
まで付けてもてなし供養した。
 石垣、沖縄、本土から帰ってきた人たちが島へ焼香しに来る
ため、船便は観光客に加えて竹富出身者も多く見られ、桟橋では
懐かしいあいさつが飛び交っていた。
 夜は3日間とも集落ごとにアンガマの一行が依頼された家を
回って踊りを披露し、その家の先祖供養をする。竹富島では地謡
は座敷だが、踊りは仏壇のある2番座の前の砂の庭で行う。
 はだしで黒い着物に白い帯を締め、クバかさにほお被りするが、
仮面やサングラスなどは着けない。女性がほとんどなのが特徴で、
近年は男性も子どもも大勢が参加している。
 竹富島ではエイサーはもともとなかったが、15年ほど前から青年
たちが始めた。途絶えていた「獅子の棒」も復活させた。
 嶺井知葉也ちゃん(小1)は一昨年から参加しているが、今年は
仲村渠昌彰君(中3)と莉沙さん(中2)の兄妹がエイサーデビュー、
民宿ヘルパー等の女性たちと3日間で13軒を回り、元気よく太鼓を
打ち続けた。
 なお、集落内外の道路清掃などの総出作業も行われた。