富山県相倉地区の少年団竹富島へ

 本日(10日)の八重山毎日新聞には、
富山県五箇山の相倉少年団の竹富島来島の記事が
掲載されています。
 五箇山は、合掌造りの家屋が世界遺産に登録さ
れている地域でもあります。
 今年は竹富島の子どもたちと交流し、まちなみを
通じた交流が行われています。
(ta)


富山県相倉地区の少年団竹富島へ
こぼし子ども会と交流
富山県五箇山の相倉世界遺産財団は子供たちに見聞
を広めさせようと毎年、平小学校6年生を交流団を派遣
しているが、今年も11人のメンバーが6日、竹富島に
やって来て、「こぼし子ども会」と交流した。
 一行は、ビジターセンターゆがふ館で竹富島について
レクチャーを受けたあと、子ども会のメンバー20人と一緒
に食事をし、サイクリングで島内を巡った。
 子どもたちのお目当てはコンドイ浜での海水浴。
さんご礁の海の美しさに歓声をあげ、たっぷりと泳いだ後
は砂浜でドッジボール、スイカ割りに興じた。
 夜はこぼし文庫で芸能交流会。五箇山地方も芸能の宝庫
と言われている所で、平高校は全国高校総合文化祭の常連校
で八重山勢と競っている。こぼし子ども会は「エイサー」
平小学校は「こきりこ節」と「麦屋節」を出し合って、
終わった後はお互いの楽器を使って交流を深めていた。
 すっかり親しくなった子どもたちは7日朝の出発には港に
大勢やって来て、ドラや太鼓、「かりゆしの歌」を歌い、
船が桟橋を離れると次々に飛び込むなど最大級の見送りで
別れを惜しんでいた。