「旧与那国家住宅」に指定書

3月29日付八重山毎日新聞には、旧与那国家住宅に対し
重要文化財の指定書が伝達された旨の記事が掲載されています。
昨年12月4日に重要文化財の指定を受けた「旧与那国家住宅」
は、これで名実ともに重要文化財となります。
(ta)


 旧与那国家(竹富)に指定書
 国の重要文化財に

 【那覇】昨年10月に国の重要文化財(重文)に指定された竹富島の旧与那国家住宅への指定書伝達式が28日午後、建教育庁で行われ、仲村守和県教育長から竹富町教育委員会(慶田盛久教育長)に指定書が交付された。旧与那国家は、1913(大正2)年建築。与那国暹(のぼる)氏(74)=那覇在住=が02年1月に竹富公民館に譲渡し、03年9月に同公民館から町に再譲渡され、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている竹富島のなかで核となる物件と位置付けられている。
 同家は竹富島の近代の住居形態と生活様式を理解する上で高い価値があると評価された。竹富町では初めて建造物が国の重文に指定され、郡内では旧宮良殿内など石垣市内の3件に続いて4件目、県内では20件目となる。
 指定書の伝達にあたって仲村教育長は「竹富島は文化財について造詣深く、街並み、景観をキチンと保存して頂いている。旧与那国家は大正時代から保存して頂き、県にとっても重要な文化財であり、今後も県の文化継承、紹介に協力してほしい」とあいさつ。
 指定書を受けて慶田盛教育長は「国の重要文化財指定に大変喜んでいる。旧与那国家は昔の建物の原型を備え、内部の木材機能も素晴らしい竹富町の地域にふさわしい住宅だ。そういったものを大事に残して頂いて感謝している。これからも大切に活用していくことを考えたい」と述べた。
 また、旧与那国家元所有者で同所地権者の与那国さんは「旧与那国家は私が生まれ育ち、思い出が集積した所でもあり、これからも大事にしていきたい。今後とも教育委員会と連携を取って、保存に努めたい」と重要文化財指定に礼を述べた。