竹富島・ものづくりプログラム(その2)

1月14日に引き続き、岐阜県立森林アカデミー
ものづくりプログラムについてご案内いたします。
14日の講座後半からは、“木のお守りづくり”。
昨晩はお守りの仕上げを行いました。

森林文化アカデミーの先生のコレクション“世界各国のお守り”。
沖縄の玩具である“指ハブ”は、なんとメキシコでは
お守りになっています!
その名も“ラブ・キャッチャー”
しかし、ネーミングが・・・。
参加者それぞれが生み出したオリジナルのお守り。
作りたいという意欲と若干の道具があれば、
竹富島の樹木を用いて色々な形に出来ることを教えてもらいました。

この道具で、カタチにします。
「鷹の風旗つくり」では、オリジナルの風旗を作ります。

ものづくりプログラムは今夜が最終日。
「竹富島オリジナルものづくりプログラムを作ろう!」がテーマです。
(ta)