『八重山毎日新聞』2008.01.12掲載記事

■社明運動作文コン全国審査で
小林瑞穂さん(竹富中)に優秀賞
「第57回nk”>社会を明るくする運動作文コンテスト」全国審査で「日本BBS連盟会長賞(優秀賞)」を受賞した小林瑞穂さん(竹富中3年)への伝達表彰式が11日午後、同校体育館で行われた。
同コンテストは1993年の第43回から実施され、児童生徒たちが犯罪や非行について日ごろ考えていることを作文にすることで、社明運動への理解を深めることが目的。
小林さんは県審査で中学校の部最優秀賞に選ばれ、全国審査に出品。
全国9万点余の応募の中から優秀賞に選ばれた。
伝達式では那覇保護観察所の佐久本英子所長が「島の人々に温かく見守られている小林さんの気持ちがよく表れている。皆さんも社明運動を理解し、小林さんに続いてほしい」と激励した。
小林さんは「驚いたけどとてもうれしい。都会にはない島ならではの人と人の心のつながりが伝えられたらいいなと思う」と話していた。