月別アーカイブ: 2016年9月

第250回竹富島民具づくり教室

毎年9月の竹富島は
祭事行事が集中する大変忙しい月ですが、
新しいプログラム、マディルの製作に入ります。

madeiru

マディルはトウヅルモドキで編み上げたカゴのこと。
昔は芋などの運搬に使っていた道具ですが、
今では、家庭でどのように利用するのでしょうか?
大きさは参加者にお任せすることにして、つくり始めることにします。

0924mingu01

材料となるトウヅルモドキはアイヤルにて収穫しました。
自転車でアイヤル浜へ観光に訪れた方々は、
一様に「何をやっているのだろう??」と思われたことでしょう。

トウヅルモドキを収穫してゆがふ館へ戻ります。
講師の松竹昇助さん曰く、
「できるだけ真直ぐで節が少なく、皮に覆われていない材料がイチバン」
とのことです。

kuhji

0924mingu02

トウヅルモドキを縦に三つに裂き、中の“バタ”を取り除きます。

0924mingu03

バタをすべて取り除いて今回は終了。
明後日に訪れる台風17号の風雨に晒されないよう、
保管しておきます。

(ta)

島バナナあります。

今年は台風がなかなか来なくて、
島バナナが豊作です。
かりゆし館でも竹富島でとれた島バナナ販売しています。
写真のバナナはもう少し食べごろを待っているところ。
おいしく甘くな~~れ♪
%e5%b3%b6%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%8a%e6%a8%aa

バナナはデリケートなので、つるして食べごろを待ちます。
%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%8a%e7%ab%8b

第249回竹富島民具づくり教室

毎年、9月の竹富島は祭事行事が集中する大変慌ただしい月。
新年度に策定したプログラムでは9月は休講としていたのですが、
祭りに役立つ道具といえば、銅鑼撥(ドラバチ)。
ということで、今回は藁を材料にドラバチを製作しました。

昔、藁で作ったドラバチは縄を綯わずに束ねていたそうで、
すぐに使えなくなっていたとのこと。
そこで、ホースを切ってドラバチに使っていたのですが、
どうも風情がありません。
かねてから気にかけていた民具づくり教室のメンバーたちは、
島の大先輩方から作り方を訊き、
自分たちなりにアレンジして今のカタチに仕立てました。
また、月桃を用いたドラバチは藁より頑丈で、
竹富島民具づくり教室のメンバーが製作したドラバチは、
種子取祭の世乞いでも用いられており、現在も大活躍しています。

0903no249
講師の松竹昇助さんのドラバチは竹富公民館へ寄贈しました。

さて、結願(8日)、世迎い(8日)、十五夜祭(15日)でもドラの音は島に鳴り響きます。
その際は、民具づくり教室のメンバーが製作した
ドラバチが祭を支える道具として活躍してくれることでしょう。

(ta)