日別アーカイブ: 2016/06/25

竹富島の手しごとが東京に!


竹富島では、昔ながらのものづくりが受け継がれています。
沖縄全体としていえることですが、この現代においても、
手作業でものづくりをしているということが特徴だそうです。

しかしながら、時代の流れとともに、島の産業が観光業にシフトしている現在、
その技術を受け継ぎ現役で制作する方々が減っているのも事実です。
そんな中、島でモノづくりをする、Ayoiさん、民具づくりのメンバー、五香屋さんの品々が東京へ行き、
ひとつひとつ手作業で行う確かなものづくりをアピールしてきます。
彼らは、モノづくりが好きで思いがある、これからもモノづくりを続けていくために日々模索を続けています。

NPOたきどぅんは、竹富港かりゆし館のショップに納品していただいたり、
民具体験で講師をお願いしたり、庭の日に出展したりと、いつもお世話になっている方々。
島で生み出されるものを積極的に扱いサポートすることで、生産の活性化につなげ
受け継いでいる伝統を次へつなげる仕組みを作ることは、NPOたきどぅんの活動のひとつです。

お近くの方、東京の竹富島に是非会いに来てください!

出会いも 別れも

竹富島に来る時も。
そして、お別れする時も。

船です。

飛行機や新幹線と違って、ゆっくりと島を去っていく船は、
姿が見えなくなるまで「またね」「元気でね」の声が届きます。

短い間でしたが、学校で机をならべて勉強した仲間が旅立ちます。
またね!!
image1