月別アーカイブ: 2012年2月

書評 竹富町史 『竹富島』 (2/28付八重山毎日新聞)

2月28日付の八重山毎日新聞には、

沖縄観光コンベンションビューロー主催による

「花メッセージコンテスト」に

竹富小中学校が3位入賞の記事が1面に。

さらに、

沖縄大学客員教授で沖縄竹富郷友会長である

真栄里泰山氏による

竹富町が刊行した竹富町史『竹富島』の書評が

9面に掲載されています。

昨年は4位、今年は3位とランクアップした

竹富小中学校のみなさまの努力を称えつつ、

今回は真栄里泰山氏の書評をUPすることにします。

竹富町史『竹富島編』は、
竹富島在住の諸先輩方や竹富島出身の諸分野の先生方、
さらには研究者が執筆されており、
竹富島の歴史・文化・民俗を知るうえで、
上勢頭亨著『竹富島誌』に勝るとも劣らない
大変ボリュームのある内容となっています。

現在、竹富町史『竹富島』は石垣島の書店、

タウンパルやまだで販売されていますが、

竹富島では4月頃の販売開始を予定しています。
ですので、
ブログをご覧のみなさまには、

できれば、

竹富島で購入していただきたいと思っております。

お楽しみに!

(ta)

続きを読む

「種子取祭は600年前か」 (2/26付 八重山毎日新聞)

昨晩、全国竹富島文化協会主催の
「第16回星砂の島文化講演会」が
石垣島の石垣市健康福祉センターにて開催されました。

「種子取祭の歴史と変遷を考える」
と題して行われたシンポジウムは、
パネリストの
石垣久雄氏 (歴史・考古学視点)
阿佐伊孫良氏(祭事・行事視点)
狩俣恵一氏 (古謡・民俗学視点)
の3名から述べられる学問的知識や経験が、
竹富島最大の祭、
種子取祭に深い興味をお持ちの方々
総勢105名のみなさまを魅了していました。
大盛況だった昨晩の「星砂の島文化講演会」ですが、
八重山毎日新聞でも大きく取り上げられています。
(ta)

続きを読む

第121回竹富島民具づくり教室

あいにくの天気が続く竹富島ですが、
今日は民具づくり教室の開講日。
青空の下での制作は叶いませんが、
ゆがふ館のゆんたくコーナーを利用して
制作に励みます。
先週は、
竹富保育所のおゆうぎ会が開催されたので休講とし、
1週間空けての開講となりました。
前回の講座に引き続き今回もクバ笠の制作。
いよいよクバが登場します!

(ta)

続きを読む

しずく。

雨が続いている竹富島です。
せっかく自転車に乗ったり、
あるいて観光したりしようと思っていた
お客様には、がっかりの天気かもしれませんね。
こういうのはどうでしょう?
しずくを探しての
雨の中散歩。
屋根から落ちてきたしずく、

緑の葉からこぼれるしずく、


ブーゲンビリアに溜まるしずく。

こんな楽しみかたはどうでしょうか?
雨にぬれた竹富島もまた、
きれいなものですよ。
雨の日には、雨の日の、
のんびりした時間が流れています。

庭の日終了しました

 第30回庭の日終了しました。

今回はワークショップの参加が多く、
午後から大変賑わいました。

新入りのミニ箒もご夫婦での参加。
あっという間に箒を作られ、大満足の様子でした。

月桃の敷物もシーサーも線彫り絵付けも盛り上がりました。

線彫り絵付けは消しゴムハンコの楽種工房サガエさんが
参加していましたが、さすがです!
五香屋さんも驚きのうまさ。焼き上がりが楽しみです。

ご参加の皆様、出展者の皆様ありがとうございました。

また、来月をお楽しみに。

竹富小中にソニー教育賞 【八重山毎日新聞 2/16付】

 本日の八重山毎日新聞一面には、
「竹富小中にソニー教育賞」
―子ども科学で13年連続―
の見出しで竹富小中学校のソニー賞受賞を
称えています。
地域の大きな期待など、
相当のプレッシャーもあったと思われますが、
受賞ありきではなく、
あくまでも物事に対し真面目に取り組む姿勢を貫き、
黙々と研究に取り組んだ
竹富小中学校の先生方をはじめ、
児童生徒ならびに御父兄に最大級の賛辞を贈ります。
(ta
)

続きを読む

庭の日開催します

 

30回庭の日を開催します。

島の恵みを使った民具をはじめ、
気まぐれ島野菜、気まぐれ島の海産物が
出展します。
手しごとワークショップは民具、焼き物、
草玩具です。


今回は新しく民具づくり体験にミニ箒作りが加わります。


たくさんのご参加お待ちしております。


 


■庭の日


日時:220日(月)10時~15


場所:ゆがふ館 前庭 *雨天決行


 


■要予約ワークショップ


・月桃の敷物 午前1名 2500


・月桃の鍋敷 午前1名 1500


材料の準備のため2/19までにご予約ください


 


■随時ワークショップ


・縄の携帯ケースづくり 1500    


・草玩具 300円~


・ミニ箒 500


・線彫り絵付け体験 1300円~


・ちびシーサー作り 1000


 


問い合わせ


NPOたきどぅん 0980-85-2488(ゆがふ館内)


第119回竹富島民具づくり教室

今回の教室から、
いよいよクバ笠の制作に入ります。
過去にクバ笠は2度制作していますが、
今回は、
以前の制作とは異なり骨組みづくりから始めます。
竹がほとんど採れない竹富島ですので、
骨組みに用いる竹は石垣島から調達します。




まずははじめの第一歩です。


来週はクバの葉を補強する竹ひごの制作。
まだまだクバの葉は貼れません。
(ta)

デイゴが咲いている?!

 本日も、どんより曇り空の竹富島です。
2日前に、ホーシミチのデイゴが咲いているということで、
写真に納めにいきましたが、天気もいまいち、写真もいまいち・・・。
ということで、今日も行ってみましたが、天気もいまいち、
デイゴもなくなっていました。
カラスか風の仕業か。

でも、たくさんの花芽を付けていましたので、春が待ち遠しいですね。

ちなみに、集落内は見事に・・・花芽は見られませんでした。
去年も、風当たりの強いホーシミチが一番咲きだったきがします。
不思議です・・・・。

咲いているデイゴの花が撮れませんでしたので、
学校に咲いているカンヒサクラをお楽しみください。