日別アーカイブ: 2012/01/28

今年もデイゴが咲きますように!!!

 昨年、竹富島のデイゴは竹富の人や竹富島を愛する方々のおかげで、
デイゴヒメコバチの被害をどうにか抑制し、
真っ赤な花を咲かせることができました。
あんなに真っ赤に咲いた花を見たのは
何年ぶりだったでしょうか・・・。
さて、今年もまた開花の季節が近づいてきました。
残念なことに昨年の開花は薬の力を借りての開花にすぎません。
ヒメコバチを完全に撃退することは難しいでしょう。
竹富島では、今後薬剤の注入継続して行い、
デイゴ自身が自分の力で花を咲かせるようになれば・・と考えます。
薬剤を購入するために、どうか力をかしてください。
募金箱はかりゆし館にはもちろん、民宿や水牛車乗り場、
食堂や、レンタサイクルショップなど、
あらゆるところに設置されています。
かりゆし館では、昨年拾ったデイゴの実で
こんなものを作ってみました。

●ブー(芋麻)と糸をよってつくった「ひも」です。
 ブーは、私たちが植物の状態から原糸にしたもの。
●赤い糸は、織物の最後にどうしても余ってしまい、
 捨てられるところだったものを頂いてきたものです。
 絡まった糸をひとつひとつスタッフの手でほどき、
 使えるまでにしました。

●赤い豆はデイゴの種です。
今、種を植えて幼い木を
 増やしてしまうと、デイゴヒメコバチを
呼び寄せてしまうことになります。
 もう少しの我慢です・・・。
50㎝ほどのこの「ひも」ですが、
紅白なのでお祝いなどのラッピングのアクセントにしたり、
また、手や首にまいてアクセサリーとしても楽しめます。
デイゴの実も少しほどけば取り出せますので、
他にアレンジしてつかうこともできます。
~~どうぞ お好きに使用してください~~

☆このデイゴの実を使った商品は、一つお買い上げごとに
100円がデイゴ募金へ寄付させていただきます。

第118回民具づくり教室 開催

 久々の晴れ間を利用して、前庭での開催です。


今日はユッキ(ススキ)の箒を作ります。
縛るところがポイント!


見えにくいですが、木に紐をくくり、少しずつ前に進みながら縛ります。
そして、穂先がまっすぐに並べながらくくっていきます。
ここが、なかなか難しいということです。


みなさん完成しました。
さて、どこを掃除しましょうか。

ご参加ありがとうございました。