日別アーカイブ: 2011/07/30

町に行政指導を要請 (7月30日付八重山毎日新聞)

7月30日付八重山毎日新聞には、
竹富公民館長が竹富町長と面会し、
現在竹富島に起こっている懸念事項に対する、
行政サイドからのバックアップを要請する旨の
記事が掲載されています。
この記事を繰り返し読めば読むほど、
「346名の生活の場」
としての竹富島をないがしろにし、
「観光地、竹富島」を売り物に、
利益を最優先にしようとする力が見え隠れしています。
社会貢献あっての営利集団であることが、
今後の企業に課された使命であり、
現在の一般社会の通念的な考え方です。
かつての国内の名だたる企業が、
「公共の福祉」という概念をおざなりにした結果、
様々な悲劇を生んだ過去の歴史を
この問題に当てはめてみると、
名指しで指摘を受けた業者は、
竹富島に対しどのような返答をするのか。
その言葉は、
とてつもなく“重いもの”となるかもしれません。
(ta)

続きを読む