日別アーカイブ: 2009/10/03

種子取祭の日程について

  平成21年度(2009年)
  竹富島の種子取祭
1. 8月22日(つちのとゐ)、節祭(昔の正月)
  新しい季節を迎えたことを神々に祈り、
  作物を育む大地と命の水(井戸)に感謝する神事。
2. 古来より節祭から49日目のつちのえねの日を祭日とする
  種子取祭に入るとされている。
3. 9月26日(旧暦8月8日)、世迎い(ユーンカイ)。
  竹富島にニライカナイの国から神々より種もみが
  もたらされるという神事が行われる。
4. 本年は、10月10日がつちのえねの日にあたり、その日に種を蒔く。
  昔から、それより4日前のきのえさるの日から種子取祭の日程に入る
  とされている。
5. 10月6日(きのえさる)種子取祭初日。
  初日はトゥルッキと称し、祭の計画手配を行い、
  玻座間、仲筋の両地区の長者(ホンジャー)の前で無事に奉納芸能
  が尽くせるようにとの祈願を行なう。
6. 10月7.8.9日
  種子取祭の諸準備。踊り、狂言の稽古を行う。
7. 10月10日(つちのえね)
  男生産人(16歳~65歳迄)は、早朝から幕舎張りなどの奉納芸能
  の舞台つくりを行う。出欠を取り、理由もなく出役しない者には
  過怠金を科す。
  各家では種まき。主婦はイイヤチ(飯初)作り。公民館役員や神司は、
  揃って玻座間御嶽、世持御嶽、清明御嶽、根原家などを廻り
  種子取祭の願いを行なう。神司は、その後それぞれの御嶽で
  祈願して案内をかける。
8. 10月11日(つちのとうし)
  ンガソウジといって、前日に蒔かれた種がしっかりと土につくように、
  精進を尽くす日とされる。家の主がブママンガンー・ブナルンガン
  (姉や叔母を神とすること)を招いてイイヤチ戴みの儀式などもある。
  芸能の稽古の総仕上げの日。
  午後8時から公民館役員、三郷友会会長などがブドゥイドゥン
  狂言ドゥンを訪ねて挨拶し激励する。
  午後5時頃から全国竹富島文化協会主催の種子取祭に関する講話が
  まちなみ館で行われる。
9. 10月12日(かのえとら)
  バルビル願いの日、奉納芸能初日。
  午前5時30分、彌勒奉安殿には公民館役員、有志、三郷友会長などが
  弥勒興しの祈願。玻座間御嶽では神司たちの祈願。
  その後、両者は世持御嶽で合流し、バルビルの願い、
  イバン取りの儀式がある。
  場所を奉納芸能の舞台に移して、干鯛の儀式が行われる。
  8時前、西地区の主事宅へ参詣。
  9時頃、世持御嶽へもどる。
  8時頃から全国竹富島文化協会主催の種子取祭に関する講話が
  まちなみ館で行われる。
  9時30分頃から、庭の芸能を奉納。
  棒術、太鼓、マミドー、ジッチュ、マサカイ、祝種子取、腕棒、
  馬乗者の順で行われる。
  10時30分頃から玻座間村の舞台の奉納芸能が行われる。
  その順序は、玻座間長者、弥勒、鍛冶工、組頭、世持、世曳狂言など。
  別途演目あり。曽我の夜襲で初日の芸能は終了する。
  (玻座間村の舞踊は、東と西の両地区が一年ごとに担当し、
  担当しない地区は数点を奉納することになっており、
  本年は東地区の担当)。
  17時30分頃、イバン戴みの儀式がある。
  それから世乞い(ユークイ)が始まる。
  世乞い(ユークイ)は、種子取祭を根原カンドゥをまつる根原家から
  始まり、その後、三地区に別れてユークイが深夜まで行なわれる。
  西地区は、神司の家、玻座間長者宅、顧問宅、主事宅
  それから家々を回り最後は有田家。
  東地区は宇根家、与那国家、神司家、顧問宅、主事宅、
  それから家々を回り最後は宇根家。
  仲筋村は、仲筋長者家、神司家、その後に各家々を回る。
  22時頃石垣への船の臨時便あり
10. 10月13日(かのとう)
  午前5時、三地区に別れていたユークイの一団は、
  根原家で一つになってユークイの留めを行なう。
  5時30分頃、世持御嶽へ。イバン返上を行ない、ユークイは総て終了。
  二日目のムイムイの願い。
  幸本フシンガーラの願い日とされ、それを祝して仲筋村の
  シドゥリャニが奉納される。
  その後、前日同様の干鯛の儀式がありその後、玻座間村東地区の
  主事宅へ参詣。
  9時頃世持御嶽へもどる。
  9時30分頃から、庭の奉納芸能(前日と同じ)がある。
  10時30分頃から、仲筋村の舞台の奉納芸能が終日行なわれる。
  別途奉納芸能演目がある。
  仲筋村長者、弥勒、御主前狂言、種蒔い狂言、天人狂言などがあり、
  最後は鬼捕りで奉納芸能は終了。
  17時30分頃、芸能の奉納はすべて終了し、
  18時30分頃、石垣行臨時船便あり。
  種子取祭首尾方の御礼(世持御嶽、彌勒奉安殿)を行う。
11. 10月14日(みずのえたつ)
  男生産人は、早朝から幕舎片付け、経理係は祭の精算に取り組む。
  午前10時頃から竹富公民館で公民館役員・有志と三郷友会
  (石垣・沖縄・東京)幹部との懇談会がある。
  支払い議会を開催して種子取祭の精算を終える。
  夜(18時頃)は全国竹富島文化協会の総会が開催される。
12. 10月15日(みずのとみ)
  種子取祭物忌(むぬん)。現在は省略している。
  特定非営利活動法人たきどぅん
  理事 阿佐伊 孫良