月別アーカイブ: 2009年1月

竹富島の医療事情(1/24付八重山毎日新聞)

 1月24日付八重山毎日新聞には、
「医師が全く休めない」の見出しについて、
竹富島の医療事情が浮き彫りにされている記事が
掲載されています。
竹富島民の意思を汲んだ竹富公民館長ならびに住民の会
役員は、現在、竹富町立竹富診療所に勤務する
外山久太郎先生のバックアップや、今後の離島診療を考える
上で重要な要請を行っています。
 記事からは、345人の住民と、約44万人の観光客を守る
現在の竹富町立竹富診療所の状況が伺えます。
(た)

続きを読む

竹富うつぐみチームは・・・。(八重山毎日駅伝)

 今日の八重山毎日新聞には、昨日行われた
「第34回八重山毎日駅伝」の結果が一面で掲載されています。
石垣島をほぼ一周する76.1キロを16区に分けて19チームが
優勝を目指して襷をつなぎます。
今年は、優勝候補筆頭の与那国が最終区間で途中棄権の
大波乱があり、新栄町(石垣市)が初優勝を遂げました。
 わが竹富うつぐみチームは、一昨年、昨年と準優勝。
小さな島が大きな地区にスポーツで挑戦し続ける
姿に島は大いに盛り上がりました。
メンバーの選出には島民はもちろんのこと、
石垣、沖縄、東京の郷友会の協力があります。
今年も優勝を目指して16名が健脚を披露しましたが、
結果は5位入賞となっています。
来年も竹富島民、出身者一丸となって優勝を目指して頑張ります!
(た)

続きを読む

第16回民具づくり教室

 昨日(10日)に開催された民具づくりの
年明け第1回目の教室は、ガイジンナーの制作はお休みして、
縄の縛り方の講習を行いました!

複雑な、かつ解け易い縛り方はいくつもあります。

参加者は一様に、
「パズルのようだ」や「ボケ防止にピッタリ」などの
声も聞かれました。
 もしかしたら、縄の縛り方に
“長寿の島”と讃えられる竹富島のヒントが隠されている
かもしれません。

講習の途中で、前回制作したクバ笠をかぶり記念撮影です。
(た)

1月8日付八重山毎日新聞

 1月8日付八重山毎日新聞第8面には、ほのぼのとした
記事と、今後の八重山観光を俯瞰する上で重要な会合が
開催された記事が同じ紙面に掲載されています。
 竹富島の子ども達を守るための大人たちの会合なのか、
また、竹富島の子どもたちの生活の場を損なわせる会合
になってしまうのか・・・。
 世界情勢が悪化する現在、八重山の重要な産業である
である「観光業」をどのように導くのか。
 非常に重要な舵取りをしなければなりません。
(た)

続きを読む

新年のご挨拶

竹富島を愛する皆さまへ
2009年、新年おめでとうございます。
旧年中はNPOたきどぅんの活動をお見守り下さり、
深く感謝申し上げます。
昨年は、トヨタ環境活動助成プログラム
『古謡に見る竹富島の生活環境』ならびに
『竹富島民具づくり教室』等のNPO活動
を行ってまいりました。
竹富島に残る遺産管理保護においては、
ハード面の活動も一段落し、引続きソフト面の保護
を中心に今年も活動していきたいと考えております。
NPOたきどぅん理事長はじめ、理事ならびにスタッフ一同、
今年も気を引き締めて活動に邁進していきます。
今後ともご支援、ご賛同のほど、
よろしくお願い申し上げます。

(た)