日別アーカイブ: 2008/01/13

雨模様

ただ今、午後4時半過ぎ。
竹富島では雨が激しく降っております。
竹富島の童謡「おーせ番」は、
人頭税時代のある雨の日の様子が
うたわれています。
  ♪おーせぬ番ぬ加那叔父
   自分ぬ子やかじみてぃー
   他人ぬ子やしかいとうし
   雨だりやふあ
   しただり吾ふあー
この歌は、人頭税時代の一面を物語っており、
ある意味でわかりやすい内容。
村番所の係の加那叔父は、
激しい雨のなか、自分の子は大切にし、
他人の子をつかって仕事をさせます。
つかわれた子の親は、
「雨だりやふあ/しただりや吾ふぁー」
(ずぶぬれの子よ/雨にぬれてつかわれる私の子よ)と
思わず声をもらしているかのようです。
(上勢頭亨『竹富島誌 歌謡・芸能篇』239頁参照)(YI)