カテゴリー別アーカイブ: 竹富島の自然

草遊び

民具教室のかたわら、
こんな草遊びを教えてもらいました。

ソテツの葉をつかって首飾りと、
シーチヌミンガー(ソテツのメガネ)

そこに育っている草花はすべておもちゃ。
島の子供は、そこにあるものを使って楽しむ術をもっていたのですね。

潮の香りが濃い日には・・・

 ここ数日、朝から潮の香り強いのです。
本当に「うっ」と感じるほどです。
そういう時期は、あるものが産卵している合図なのです。
あるものとは・・・『珊瑚』です。
ちょっと見難いかもしれませんが、写真をUPしてみます。



白い泡のようなものが卵。
実祭は、ピンク色をしています。
もし潮の香りが強く感じた時は、海を覗いてみてください。
そして、今日は大潮。
干潮時は船が心配なぐらい潮がひきました。

デイゴが咲いている?!

 本日も、どんより曇り空の竹富島です。
2日前に、ホーシミチのデイゴが咲いているということで、
写真に納めにいきましたが、天気もいまいち、写真もいまいち・・・。
ということで、今日も行ってみましたが、天気もいまいち、
デイゴもなくなっていました。
カラスか風の仕業か。

でも、たくさんの花芽を付けていましたので、春が待ち遠しいですね。

ちなみに、集落内は見事に・・・花芽は見られませんでした。
去年も、風当たりの強いホーシミチが一番咲きだったきがします。
不思議です・・・・。

咲いているデイゴの花が撮れませんでしたので、
学校に咲いているカンヒサクラをお楽しみください。

デイゴとカラス

 
デイゴの花芽がひらき始めています。
しかし、問題が発生!
カラスが花芽をくわえて枝から落としていくのです。
遊んでいるのか、蜜なのかわかりません・・・。
それも1羽や2羽の話ではないのです。

デイゴの木にたかっているカラスたち。
どうにかならないものか、島民もため息をついています。

デイゴ講習会IN竹富島

 2月18日(金)
デイゴ実行委員主催の講習会が行われます。
昼間は島内調査を行い、夜は昨年の樹幹注入後から今の現状が報告されます。
これらを踏まえて今後の活動方針を決めていくということです。
まずは、目の前にあるデイゴの状況を島民が知ることが先決です。
この日、たまたま竹富島に遊びに行くよ!という方も講習会の参加は可能です。
ぜひ、この機会にデイゴの現状を知ってください。
詳細
2月18日(金)
[島内調査]
時間:午後2時~
場所:ゆがふ館
講師:福山研二氏(農学博士) 
       阪井秋弘氏(井筒屋科学産業株式会社)  
内容:島内のデイゴの現状を調査
対象:島民
[デイゴ講習会]
時間:午後8時~9時30分
場所:まちなみ館
講師:福山研二氏(農学博士)  
       阪井秋弘氏(井筒屋科学産業株式会社)
内容:講師によるデイゴの現状とその報告、対策、注意事項など