カテゴリー別アーカイブ: パブリシティー

平成29年度「竹富公民館祭事・行事表」

昨晩の集落ごとの月例会にて発表された、
今年度の竹富公民館年間祭事・行事表を
ブログをご覧のみなさまへお知らせいたします。

今年は旧暦に閏月があるため、
新暦9月には祭事行事が集中する大変忙しい月となります。

旧暦7月13~15日の集落ごとで挙行するお盆行事は9月3~5日
大地を清め井戸に感謝するシチマツリは、9月9日
数え年70歳以上の高齢者を祝す94回目を数える敬老会は、9月17日
一年間の願いを解き、奉納芸能を執り行う結願は、9月23・24日
ニーラスク・カネーラスクから神々をお招きするユーンカイは、9月27日
となっております。

クリックすると、行事表が表示されます。
       ⇓
平成29年度竹富公民館祭事・行事表

『竹富島憲章』制定30周年記念講演会の開催

昨年(2016)は、『竹富島憲章』が制定されて30周年を迎える節目となる一年でした。

竹富公民館では30年の節目を迎えるにあたり、
改めて『竹富島憲章』と向き合い、
3集落から各3名の合計9名からなる竹富島憲章制定30周年特別委員会を設け、
三村浩史京都大学名誉教授、
宮澤智士長岡造形大学名誉教授、
大田綾子竹富町教育委員会教育長、
前本隆一竹富公民館顧問
を相談役に招聘し、
『竹富島憲章』の文言ひとつひとつを検証しました。
崇高な理念は色あせることはありせんが、ゴミの処理や車両運行に関する一節などは、
時代背景を踏まえ、現在の暮らしにあわせた修正を施しています。
1月期の集落ごとの月例会より島民へ「竹富島憲章(案)」を配付し、
来たる3月31日の定期総会において、新たな表現による『竹富島憲章』の制定を目指しています。

昨晩は、地縁団体法人竹富公民館と全国竹富島文化協会の共催事業として、
「竹富島憲章制定30周年記念講演会」を開催いたしました。

会場となった竹富島まちなみ館には、竹富島民はもちろんのこと、
石垣島からも多数訪れ85名もの来場者が足を運び、関心の高さがうかがえます。

講演会の講師は、
竹富公民館顧問の前本隆一氏と
宮崎県椎葉村十根川重要伝統的建造物群保存審議会委員の黒木久遠氏に
「竹富島憲章と竹富島の暮らし」をテーマに語っていただきました。
前本隆一氏には「憲章制定の経緯」をご講演いただき、
1971年の大干ばつと大型台風の襲来、
困窮した生活と外部資本との結びつきによって土地が売られていった経緯、
島を守るために必然的に憲章を制定する竹富島の状況を詳しく語っていただきました。
黒木久遠氏からは、
竹富島との繋がりについてご紹介いただいたのち、
島内を参観したことから30年前との変遷と、
まちなみを保存する苦労、
それに伴う行政との結びつきの重要性を語っていただきました。

竹富島は、「重要」と付す文化財を3つ有しています。
種子取祭は、国の重要無形民俗文化財。
まちなみは、国の重要伝統的建造物群保存地区。
旧与那国家住宅は、国の重要文化財。

周囲わずか9㎞の小さな島に、国の貴重な文化遺産を3つも有する竹富島。
それを誇り、守り育んだ先人への畏敬の念と崇高な心を尊び、継承すること。
「竹富島憲章制定30周年記念講演会」の大きな趣旨は、ここにあります。

(ta)

平成28年度 竹富公民館年間祭事・行事表

H28d竹富公民館年間祭事行事表.jpeg

昨晩の集落ごとの月例会にて発表された、
「平成28年度竹富公民館年間祭事・行事表」
をブログをご覧のみなさまにお知らせします。

今年の豊年祭は7月19・20日の二日間、
祭事行事が集中する9月は結願と世迎いが重なり、
敬老会は93回を数えます。
そして、
多くの方々が心待ちにしているタナドゥイは
10月29日のトゥルッキの儀式からはじまります。

(ta)

『素足で感じる竹富島』プログラム変更のお知らせ

竹富島ファンの皆さまに大変ご好評いただいている
体験プログラム「素足で感じる竹富島」(通称:素足ツアー)
についてのお知らせです。

2月7日(日)~3月22日(火)のあいだ、
コースの最終にあたる喜宝院蒐集館が改修工事に入るため、
素足ツアーは9時30分から11時30分までの催行となります。
体験料は喜宝院蒐集館入館料を差し引いた金額となり
お一人様3,200円(大人料金・小人料金は1,650円)となります。

⇓ 変更の詳細はコチラ ⇓
suashi

約40日間ほど、
ご参加いただく皆さま方には大変申し訳ございませんが、
何卒ご理解下さるよう、よろしくお願い申し上げます。

特定非営利活動法人たきどぅん
観光部

八重山毎日文化賞、正賞にテードゥンヒトゥ二人!

毎年11月3日に発表される八重山毎日文化賞(主催:八重山毎日新聞社)。
八重山研究や芸術文化に顕著な業績を挙げた方を表彰し、
八重山における「文化功労賞」として権威ある賞です。
今年の第31回八重山毎日文化賞正賞は、
髙嶺方祐氏、狩俣恵一氏が受賞されました。
お二人とも竹富島生まれで、NPOたきどぅんに縁の深い方々です。

髙嶺方祐氏は、
現在、NPOたきどぅん正会員である全国竹富島文化協会理事長を務めています。
若かりし頃は教師として教壇に立つほか、
八重山高校の郷土芸能部を創立し、
八重山農林高校、八重山商工高校でも郷土芸能部の顧問を務めました。
八重山の高校は全国高校総合文化祭の常連であり、
芸能の盛んな沖縄県のなかでも、
さらに「芸能の島々」と称賛されるまでに至りました。
また、現在の種子取祭の芸能を支える中堅のメンバーの指導者としても、
そのご尽力は計り知れないものがあります。

狩俣恵一氏は、
現在、沖縄国際大学副学長を務めNPOたきどぅんの主任研究員の肩書も持ちます。
國學院大學で国文学を教授する傍ら、
沖縄国際大学では組踊りをはじめとする琉球芸能や八重山の芸能をはじめ、
歌謡および方言などの調査研究と幅広く活動し、
県内でもその成果は高く評価されています。
また、狩俣恵一氏はNPOたきどぅん設立メンバーのひとりであり、
NPOたきどぅんのブログでもたびたび氏のエッセーや評論をご紹介しています。

贈呈式は11月21日(土)午前11時より、ホテルミヤヒラで開催されます。
多くのテードゥンヒトゥが両氏の晴れ姿を祝いに足を運ぶことでしょう。

髙嶺方祐先生、狩俣恵一さん
受賞おめでとうございます。
NPOたきどぅん理事ならびに職員一同、心よりお祝い申し上げます。

飯田泰彦さん「仲原善忠賞」受賞おめでとうございます!

元NPOたきどぅん職員で、現NPOたきどぅん会員で監査役を務める
飯田泰彦さんが、
沖縄文化協会が創設した沖縄文化協会賞「仲原善忠賞」を受賞されました。

昭和23(1948)年沖縄文化の研究団体として、
比嘉春潮、仲原善忠、東恩納寛惇、金城朝永らの蒼々たる面々によって
東京で設立されたのが沖縄文化協会。
沖縄学の精神を受けつぎ発展させるため、
若い有望な研究者を育てることを目的として制定したのが
「比嘉春潮賞」(歴史・民俗選考)
「仲原善忠賞」(文学・芸能選考)
「金城朝永賞」(言語学選考)
の沖縄文化協会賞三賞です。

飯田泰彦さんが受賞の対象となったのは、
2004年発刊の『沖縄文化』98号(2004年)に掲載されている
「狂言『畑屋の願い』に関する考察」が高く評価されたほか、
八重山探検隊の活動を通じて地域への貢献が認められたとのことです。

DSC04477
今年3月に発刊された『八重山探検隊レポート集』には、
八重山地方の地域学習への貢献が期待されています。

種子取祭二日目、仲筋村の奉納芸能である「畑屋の願い」。
沖縄の組踊りの演目のひとつである「花売りの縁」との繋がりを示唆した
先行研究をベースに、竹富島で奉納し続けることにより、
竹富島独自の芸能として昇華されていることを考察しています。

AAA_0438
「畑屋の願い」(2014年11月16日 アトゥブドゥイ 撮影:大塚勝久写真事務所)

竹富島にゆかりがある「仲原善忠賞」受賞者は、
狩俣恵一沖縄国際大学副学長と飯田泰彦さんと、
いずれもNPOたきどぅんに深いかかわりがあるお二人。

私たちNPOたきどぅんにとっても大変誇らしい飯田泰彦さんの受賞です。
飯田泰彦さん、おめでとうございます!

(ta)

平成27年度 竹富島種子取祭の日程

平成27年度 竹富島 種子取祭の日程

● 9月20日 (旧暦8月8日) ユーンカイ (世迎い)
竹富島にニライカナイの国から神々によって、
種もみがもたらされる神事が行われる。
● 9月20日 (つちのと ゐ) シチマツリ (節祭)
古代の正月といわれる。新しい季節を迎えたことを神々に祈り、
作物を育む大地と命の水(井戸)に感謝する神事。
古来より節祭から49日目の「つちのえね」の日を
祭日とする種子取祭に入るとされている。
本年は、11月8日が“つちのえね”の日にあたり、その日に種子を蒔く。
それより4日前の“きのえさる”の日から種子取祭の日程に入るとされている。

1. 11月4日 (きのえ さる)種子取祭初日
初日はトゥルッキと称し、祭の計画手配を行う。
玻座間、仲筋の両地区の長者(ホンジャー)
の前で無事に奉納芸能が尽くせるようにと祈願する

2. 11月5,6,7日

種子取祭の諸準備。狂言、舞踊の稽古に充てる

3. 11月8日 (つちのえ ね)
神司はそれぞれの御嶽にてタナドゥイのウッカイ(ご案内)
を行ったのち公民館役員と合流して玻座間御嶽、世持御嶽、
清明御嶽、根原家などを廻り種子取祭の願いを行なう。
男生産人(16歳~69歳迄)は、
早朝から幕舎張りなどの奉納芸能の舞台を設営する。
出欠を取り、理由もなく出役しない者には過怠金を科す。
各家では種まき。主婦はイイヤチ(飯初)作り。

4. 11月9日 (つちのと うし)
ンガソージといって、
前日に蒔かれた種子がしっかりと土につくように、
精進を尽くす日とされる。
家主がブママンガン・ブナルンガン(姉や叔母を神とすること)
を招いてイイヤチ戴みの儀式などもある。
また、この日はフクミといい芸能の稽古の総仕上げの日。
夜には公民館役員、石垣・沖縄・東京の各郷友会長などが
ブドゥイドゥン・狂言ドゥンを訪ねて挨拶し激励する。
(午後6時頃、竹富公民館主催の種子取祭に関する講話がまちなみ館で開催)

5. 11月10日 (かのえ とら)
バルヒル願いの日、奉納芸能初日
 ● 早朝
  彌勒奉安殿には公民館役員、有志、三郷友会長などが弥勒興しの祈願
  玻座間御嶽では神司たちの祈願
  その後、両者は世持御嶽で合流し、バルヒルの願い、イバン取りの儀式がある。
  場所を奉納芸能の舞台に移して、乾鯛の儀式が行われる。
 ● 玻座間村西地区の主事宅へ参詣
 ● 世持御嶽へもどる
 ● 庭の芸能を奉納
  棒術、太鼓、マミドー、ジッチュ、マサカイ、
  祝種子取、腕棒、馬乗者の順で行われる。
 ● 玻座間村の舞台の奉納芸能が行われる。
  その順序は、玻座間長者、弥勒、鍛冶工、組頭、世持、世曳狂言など。
  曽我兄弟で初日の芸能は終了
 ● イバン(九年母)戴みの儀式がある
  それから世乞い(ユークイ)が始まる。
  ユークイは、種子取祭を統一した根原金殿をまつる根原屋から始まり、
  その後三集落に別れてユークイが深夜まで行なわれる。
 ・東集落 宇根屋、與那国屋、神司家、顧問家、各家を回り最後は宇根屋。
 ・西集落 神司家、玻座間長者家、公民館長家など各家を回る。
 ・仲筋村 神司家、仲筋長者家、各家を回り最後は顧問家。
 ● 石垣への船の臨時便あり(予定)

6.11月11日 (かのと う)
  早朝、三集落のユークイの一団は、根原家で一つになってユークイ留めを行なう。
 ● 世持御嶽へ。イバン返上を行ないユークイは総て終了。
  二日目のムイムイの願い。幸本フシンガーラの願い日とされ、
  それを祝して仲筋村のシドゥリャニが奉納され、
  前日同様の乾鯛の儀式が行われる。
  その後、玻座間村東地区の主事宅へ参詣の儀式。
  その後世持御嶽へもどる。
 ● 庭の奉納芸能(前日と同じ)がある。
 ● 仲筋村の舞台の奉納芸能が終日行なわれる。
  別途奉納芸能演目がある。
  仲筋村長者、弥勒、御主前狂言、種子蒔狂言、天人狂言
  などがあり、最後は鬼捕りで奉納芸能は終了
 ● 芸能の奉納はすべて終了
 ● 石垣行臨時船便あり(予定)
  種子取祭首尾方の御礼(世持御嶽、彌勒奉安殿)を行う。

7.11月12日 (みずのえ たつ)
  男生産人は、早朝から幕舎片付け、経理係は祭の精算に取り組む。

  朝 竹富公民館で公民館役員・有志と三郷友会幹部との懇談会。
  午後からは支払議会を開催し、種子取祭の日程は総て終了する。
   
8.11月13日 (みずのと み)
  種子取祭物忌(タナドゥイムヌン)。現在は省略している。

平成27年度竹富公民館祭事・行事表

平成27年度竹富公民館祭事・行事表

【 ↑ をクリックしてください 】

昨晩行われた3集落の月例会にて発表された

平成27年度竹富公民館祭事・行事表をUpいたします。

毎年9月は祭事行事が集中する忙しい月ですが、

今年は結願祭が13・14日、世迎いと節祭が20日、

第92回敬老会が23日、十五夜祭が27日とほぼ毎週祭事行事が行われます。

(ta)

『星砂の島』第11号 巻頭言

全国竹富島文化協会発行の『星砂の島』
2008年に当ブログでご紹介した、
第11号(2008年3月31日発行。特集:竹富島の歴史と文化)の巻頭言は、
現在、沖縄国際大学副学長を務める狩俣恵一氏による寄稿です。
改めて狩俣氏の巻頭言を読み直すとともに、
5年前と現在の竹富島の問題について考えてみたいと思います。
少々長くなりますが、
ブログをご覧のみなさま、是非ともご一読をよろしくお願いいたします。

(ta)

続きを読む

大塚勝久さんが見た「種子取祭」

NPOたきどぅん会員で全国竹富島文化協会理事でもある
写真家の大塚勝久さんのホームページにて、
2013年種子取祭の写真520点が紹介されています!

http://www.shokyu-otsuka.com/blog.html

身近な人や、ご宿泊先のオーナーさんなど
のキリリとした表情が写しだされています。

ぜひ、皆さん覗いてみてくださいね!

(ta)