作成者別アーカイブ: NPOtakidhun

民具づくり教室

7月から、クージ籠作りがスタートしました。
今回のクージ籠はみんな大きいものに挑戦です。
まずは、恒例の材料取り。鎌を片手に出かけます。

藪の中へも慣れてきました。

途中で見つけたリュウゼツランを材料に、昔話へと・・・
この葉っぱに、悪口や相合傘を落書きして遊んだそうです。

星に願いを…。

毎日、暑い日が続いています。
竹富島では梅雨もあけ、いよいよ夏本番です。

もうすぐ七夕。
かりゆし館では今年も七夕飾りをご用意いたしました。
星に願いを込め、ご自由に短冊にお書きください。

今回の七夕飾りは竹富島のおじいちゃん、おばあちゃんに
色塗りを手伝っていただきました。
カラフルで素敵な飾りをありがとうございます。

記憶の記録

島の方々が生きてきた時代の記録「八重山ライブラリー」が始まりました。
水野暁子さんがメンバーの一人として活動しています。
現在見ることが出来る映像は、日本統治下の台湾で暮らした経験のある方々の記憶です。
下記の、リンク(YouTube)からご覧いただくことが出来ますので、皆さま是非ご覧ください!

「八重山ライブラリー」
2年ほど前に竹富島の家々をまわって古い写真を見せてもらう機会があり、それ以来「デジタルアーカイブ」的なものを作りたいと思い続けていました。 友人や知人に会えば「デジタルアーカイブを作るよ」と言い続け、そろそろ「アーカイブ作る作る詐欺」になりかけていた頃に、映像ディレクターの友人が「今度八重山に行くから映像と写真で遊ぼう!」と声をかけてくれました。 友人が想像していた遊びとはちょっと違っていたかもしれませんが、彼女の声かけのおかげで「八重山ライブラリー」をスタートすることが出来ました。

2年前は、紙媒体の写真プリントをデジタル化して保存して行く事を考えていましたが、友人達のサポートの元、島人が語る記憶そのもののアーカイブを、可能であれば写真も交えながら映像で残して行く活動になりました。

現在4人の島人から日本統治下の台湾でどのように暮らしていたかなどのお話を伺ってきました。最初の3人のインタビュー映像を公開します。 今後も、一月に一人の割合で色々なお話を聞き、「八重山ライブラリー」で紹介していけたらと思っています。この映像を観て、「私の体験も話したい、残したい」と思う島人が現れれば、八重山諸島の島々にお話を伺いに出向きたいと考えています。
声をかけてくれた浦郷庸子さん、広田麻子さんありがとう! 私たち3人が共通して考えているのは、この映像が未来の島人の財産になれば素晴らしいなという事です。 100年後、もしくはもっと先にこの映像を観て面白いな、と思ってくれる人が居たら嬉しいです。

今回4人の島人から同じ時期の話を聞きましたが、4人の見方も感じ方もそれぞれ違っていました。性格、年齢、場所、経済環境の違いなどで全く違った体験をしています。歴史は、教科書や一冊の本の中には無いのだという事を実感しました。多方面から観て、聞いて、考えて、知るということは、人を豊かにしてくれると私は信じています。

水野 暁子 2018年6月26日

マイユヌンヤーのガヤ

国の重要文化財に指定されている、
「旧与那国家住宅」(2007年12月4日指定)は、
昨年3月の竹富町議会にて
「重要文化財旧与那国家住宅の設置及び管理に関する条例」が制定され、
指定管理に向けての手続きを進めています。

その旧与那国家住宅の敷地には、小ぢんまりとした茅場があります。
島の大先輩曰く、「このガヤは竹富島の在来種だよ」と。
“ガヤ”とは、チガヤのこと。
世界の侵略的外来種ワースト100 選定種の一つであるチガヤですが、
竹富島では、薬草として活用するほか、
萱葺き屋根や民具づくりの素材として親しまれてきましたが、
牧場造成などで茅場がほとんど失われています。

茅場をしっかりと残し、
次に継ぐことも忘れないようにしたいと思います。

(ta)

八重山のかご展Vol.2 本日スタート!

昨年に引き続き、竹富島のかごたちが「八重山のかご展」に参加しています。
竹富島で民具づくりを精力的に行う作り手さんが、一つひとつ心をこめて丁寧に作るかごたち。
暮らしの中で使うことによって、ますます愛着がわく手作業の品々。
是非この機会に足をお運びください。

八重山のかご展 VOL.2
2018.6.13-24(休み:18,19日) 10:30-17:00
場所:世界のかごカゴアミドリ
国立市西2-19-2第一村上ビル2F

感動をありがとう!

竹富中学校バドミントン部がやりました!!
八重山地区の大会で好成績を収め、県大会出場を決めたのです。

かりゆし館でもささやかながら、お祝いです。

男子団体戦       ☆優勝☆
男子個人戦 ダブルス  ☆優勝☆
男子個人戦 ダブルス  ☆三位☆
男子個人戦 シングルス ☆準優勝☆
女子個人戦 シングルス ☆準優勝☆

大変すばらしい成績ですね。
県大会でも八重山代表として頑張ってください!!

第17回 npoたきどぅん通常総会

昨晩は、
昨年度(第16期)の事業会計報告ならびに
今年度(第17期)の活動計画案を協議する、
「第17回 特定非営利活動法人たきどぅん通常総会」
を竹富島まちなみ館にて開催いたしました。

正会員58名のうち、委任者を含め38名にご出席いただきました。
昨年度の活動を報告したのち審議に入ります。
昨年度の会計報告、今年度の活動計画案をについて、
会員の皆さま方にご意見、ご質問をいただきます。

今回は、昨年11月1日に定款が変更されて以降初めての総会です。
以前は「観光の振興を図る事業」が収益事業として認識されていましたが、
今後は非営利活動として進めていくことを確認いたしました。
従来と変わらぬスタンスですが、
竹富島から生まれた“モノ”をより一層良い形で活かしていきます。

さらに、竹富島の祭祀に欠かせない
『竹富嶋祭祀神前供物台帳』のデジタル化も完了し、
製本した供物台帳の贈呈式も併せて行いました。

年度初めの大祭「四月大願い」の祭祀が執り行われる前日の総会開催とあり、
会員の皆さま方にはご迷惑をお掛けしたことかとは存じますが、
引き続き、私たちの活動にご支援ご協力、
そして、大きな力をご提供くださるようよろしくお願い申し上げます。

(ta)

民具づくり教室 294回

今回の民具づくり教室では、
月桃のとり方を教えて頂きました。

今の時期は花が咲き、
茎が固くなっていますが
固い所以外は使えるようです。


葉っぱを根元から落とします。

茎を剥がしやすいように叩きます。
叩いた月桃から汁が出ていい香りがします。


剥がした茎は
柔らかくて、白いところは縄綯き用に。
固い茎はござ用に分けて
天日干しします。

藁を使って円座作りも始まりました。

民具づくり教室 第293回

シナガーシ。
3人で3つの縄を
ハイ!ハイ!と声を合わせて綯っていく。

船のアンカーや帆を上げる時、          
水牛を引っ張る時に使ってそうです。

その昔、雨が降って農作業ができない時には
今日はシナガーそう!
と、みんなで縄を作っていた。

当時の素材はアダナシ。
柔らかく、縄をなきやすいそうです。

今回は生の芭蕉を使用。
白く、艶があり
3人で締めた縄はとても丈夫。

ゆがふ館のヨイサをぶら下げる縄になりました。