きれいな海を守りましょう!

7月も後半。もう夏休み!という方も多いのではないでしょうか。
かりゆし館では7月17日海の日から
「きれいな海を守りましょう」と題して、観光で訪れた皆様に以下のお願いをしています。

●ポイ捨てをしない
●ゴミは持ち帰る
●サンゴや貝等の生き物を持ち帰らない。傷つけない。

いつまでも美しい竹富島の海を守るためにも、
ぜひぜひご協力をお願いいたします。

ということで、美しい海に想いを寄せて、海の思い出や竹富島で楽しかったことなど
メッセージを書いてもらっています。
お魚にメッセージを書き入れて、パネルにはると?

お魚いっぱいの竹富島の海が出来上がります。
もういっぱいになって貼るところが無いじゃない??とお思いでしょう
大丈夫です。
今回はかりゆし館の窓ガラスも利用しますので、まだまだたくさんのメッセージを募集できます。

魚が泳ぎだしそうですね♪

このお魚、実はスタッフが一枚一枚はさみでチョキチョキ切り出しています。
なんとフリーハンド!!NPO職員の隠れた才能をまた引き出してしまいました(笑)

きれいな竹富島の海を守り、また来年も再来年も同じ風景で皆様をお迎えできますように。。。

AED・救命救急講習会の開催

昨晩(7月4日)、
NPOたきどぅんと竹富町消防団竹富分団共催による、
「AED・救命救急講習会」を竹富小中学校体育館にて開催し、
30名の参加者とともに
人命救助の基礎となる心肺蘇生法とAEDの使い方を学びました。


彼(彼女)の名前は、「アン」というそうです。

竹富島の入域観光客数は昨年48万人を数え、特に夏季はコンドイ浜への海水浴を楽しむほか、
重要伝統的建造物群保存地区に選定された竹富島の集落を散策する観光客が多数訪れています。
しかし、万が一のための救命救急処置が、
竹富町立竹富診療所の1名の医師と1名の看護士、
竹富町消防団竹富分団15名の団員の双肩にかかっており、
出動状況も年々増加し、対応に苦慮しているのが現状です。

竹富東港旅客待合所「てぇどぅん・かりゆし館」には
AED(自動体外式除細動器)が設置されており、
目の前が海、更にAEDが設置されているという状況であるため、
少なくとも年に1回程度はAEDの使い方や救命救急の応急処置の講習を受け、
いざ事故が起きた時に落ち着いて対処ができるようにしたいと
NPOからの要望を竹富町が応えての開催となりました。
(島内設置箇所は、かりゆし館・竹富診療所・竹富小中学校・新田観光・ゆくい処・消防車の全部で6か所)


講師は、石垣市消防本部から3名お越しいただき、
懇切丁寧なご指導をいただきました。


先ずは人命救助の基礎となる心肺蘇生法を実習します。
アンの胸がことさら固く、1分間の心臓マッサージは長く感じられた参加者もいたでしょう。

ひとりが受け持つ最長限度と云われる2分間の心臓マッサージは、
相当の体力を消耗します。
そこで、ひとりの負担を軽減するために、他者とのスムーズな交代方法も実習します。


さすが竹富消防分団団員の心肺蘇生法です。カメラ目線を除けばバッチリです。

最後に、2人で心肺蘇生法とAEDを活用した人命救助の実習をしました。


NPOスタッフも懸命に取り組みます。きちんと連携が取れてスムーズな対応でした。

夜間とはいえ夏の暑い夜での開催で、学校体育館は相当な蒸し暑さでしたが、
参加者の皆さま方は、楽しみながらかつ真剣に実習に取り組んでいました。
これをきっかけとして、
定期的な救命救急講習会を開催できたらと考えております。

講師の石垣市消防本部ならびに竹富町防災危機管理課の方々、
竹富町消防団竹富分団をはじめとするご参加いただいた皆さま、
シカイト ミーハイユー

(ta)

七夕

早いもので、もう7月です。
台風3号は一晩にうちに、あっという間にいってしまいました。

7月7日は七夕です。
かりゆし館に笹と短冊を用意しました。
竹富島の星空に願いをこめたら、なんだか叶う気がしませんか?
ぜひ短冊に願いをこめ、笹を飾ってください。

もうそろそろ天の川も見えてくるころ。
竹富島では、一瞬雲だろうか??と見間違えるほどくっきりと天の川が見えます。
お泊りになった際にはぜひ夜空を見上げてみてください。

第267回竹富島民具づくり教室

ここ数回の講座は、
ゲットウの縄綯いを行ってきましたが、
いよいよ、アブダーのバッグの製作に取り掛かりました。
アブダーは、「モッコ」のテードゥンムニのこと。
モッコを折りたたんで、ちょっとしたバッグに仕上げます。

6月中には仕上げて、次のプログラムに入ります。
次の制作は草玩具づくりの予定でしたが、
ヤミカゴの制作を希望する参加者がいるので、
話し合いを持ちながら、教室を進めたいと思っています。

(ta)

5月28日竹富島の手仕事が福岡に登場

明日!
5月28日(日)開催の、福岡「薬院てんてん市」に竹富島の手仕事たちが登場します。



福岡の薬院で開催するてんてん市の「03ka-naya」さんに竹富島から、
クージの会の民具、Ayoiの染織、島の植物で作ったオーナメントやアクセサリーが登場。

是非、お立ち寄りください。

○薬院てんてん市

第15期 第16回通常総会

去った5月25日、竹富島まちなみ館において、
NPOたきどぅん第16回通常総会を開催いたしました。

開催に先立ち、
西塘御嶽への参拝、故上勢頭芳徳理事への黙祷を捧げたのち、
約1時間30分にわたり、
昨年度の活動報告・会計報告、新年度の活動計画案を審議いたしました。
今回の総会では、
「NPO法改正に伴う定款変更の審議」という大きな議題があったため、
文言について詳しく説明する議事となりましたが、
会員の皆さま方にご承認をいただき、
理事改選も滞りなく選出することができました。

また、総会の開催にあたり、
平成29年3月31日開催の竹富公民館定期総会において承認された、
『竹富島憲章』の印刷をNPOたきどぅんが引き受け、
冊子3,500部、掲示用300部の贈呈式もあわせて行いました。

(ta)

屋根より高~~い こいのぼり

竹富島の空へ、こいのぼりを上げよう!
ゴールデンウィーク、こどもの日特別企画!?
かりゆし館にて、こいのぼりを作成していただきました。

竹富島の家々は、きれいな赤瓦の平屋。
まちなみ保存地区に指定されてからは、2階以上の建物を建てないことになっています。
なので、こいのぼりを上げると自ずと「高~~~いこいのぼり」となる訳です。
子供たちが一生懸命かいてくれたこいのぼりは、色とりどりでにぎやか、素敵な空になりました。

子供たちがすくすくと育ちますように!!

そだてるかご展

竹富島で、暮らしの中で使うモノづくりをする
「クージの会」の手しごとの品々が出展しています。
是非お立ち寄りください。

会期:4/29-5/5
場所:吉祥寺 ギャラリーfeve
   http://www.hikita-feve.com/now.html

平成29年度「竹富公民館祭事・行事表」

昨晩の集落ごとの月例会にて発表された、
今年度の竹富公民館年間祭事・行事表を
ブログをご覧のみなさまへお知らせいたします。

今年は旧暦に閏月があるため、
新暦9月には祭事行事が集中する大変忙しい月となります。

旧暦7月13~15日の集落ごとで挙行するお盆行事は9月3~5日
大地を清め井戸に感謝するシチマツリは、9月9日
数え年70歳以上の高齢者を祝す94回目を数える敬老会は、9月17日
一年間の願いを解き、奉納芸能を執り行う結願は、9月23・24日
ニーラスク・カネーラスクから神々をお招きするユーンカイは、9月27日
となっております。

クリックすると、行事表が表示されます。
       ⇓
平成29年度竹富公民館祭事・行事表